韓国コスメレポはこちら💖

限界飯でもかけると味がぐっと深まる!調味料・タレ・ソースの紹介

こんにちは!kurakeです!

新生活始まりましたね!

つい一週間前まで親や料などの美味しいご飯を毎日食べていた人たちも、ついに限界飯にお世話になる時がそこまで迫っていますね?

そんなことはない!と言う人もたくさんいると思うし、実際には”週末に作り置き”という妙技を身につける人や、金に物を言わせて毎日外食をする人もいると思います。

ただ勉強や仕事で疲れると外食すらだるいんだわなーこれが。

今の私はもはや食に楽しみとか求めてないから。空腹を凌ぐという、超基本的な生命の営みを欲してるだけだから。みたいになりませんか?わたしはなります。

ちなみにわたしは今現在、毎日出勤するということはなく家で仕事をしておりますが、それなのに全然限界飯から脱出できていません。

”買い物に行きたくないから行かない”ということが主な理由だと思います。

というわけでこの記事が誕生するレベルまで限界飯レパートリーが増えてしまったわけなのですが…

一人のときのわたしのごはんは限界飯☆おすすめ食材20選〜!

それでもやがて限界飯にも限界が訪れる

そう、それでも流石に毎日同じような薄味のものばかり食べていると、流石に気が狂いそうになるんですよね。

だから、いつも冷蔵庫にストックしておいて、”これをかけると突如として一品料理が出来るよ!✨”みたいな調味料類をご紹介〜!

”調味料”と言ってもなにかにそのまま、もしくは茹でた何かにそのまま…かけるだけです。

醤油大さじ1杯、みりん大さじ2.5杯…とかそういうの私も基本無理なので、計量は一切しませんご安心を。

調味料編

白だし

豆腐にかける

豆腐にかけると突然いい感じの冷奴になる。

あとは熱いごはんの上に豆腐をのせて、その上にこれをかけるとめちゃうま豆腐丼が完成します。(余力あればネギや鰹節をかける)

たまごかけごはんにかける。

卵かけご飯にかけるといつもの味がアップデートする。なんか高級な雰囲気になります。

うどんやそばと

うどんやそばに対しては、これがめんつゆになる。わたしはまだやったことないけど、和風スパソースにもなる。

おひたしがすぐに出来る

緑色の野菜が不足してヤバいっ!てときは適当に茹でたほうれん草や小松菜にこれをふりかければ昔ながらのおひたしが完成します!

親子丼のもとにも

休日とかで時間あるけど外出たくない、でも「なんかがっつりした料理が食べたい〜」ってなったときはこれと鶏肉と卵をフライパンに放り込むだけで簡易親子丼が出来るよ☆(玉ねぎもあれば完璧)

一緒に住むパートナーがいる場合、相手が料理ができなかったとしてもこれの扱いが簡単すぎて、相手も何品か作れるようになるよ☆

私の夫もこれのおかげで、よく親子丼を作ってくれるようになりました。

ゆずポン酢

“ゆず”ポンである必要があるかどうかは人それぞれですが、私はゆずポンが好きです。

茹でた豚や野菜と

これが特に活躍する時は、豚肉を適当に茹でたときです。頑張れる時はここに白菜もしくはもやしを追加したりもする。

ティファールで沸かしたお湯をフライパンに入れて、豚肉を適当に茹でる。そして水を切ったらゆずぽんをかける。そう、簡易豚しゃぶです。

ゆずぽんかけただけで、もやしも無限に食べることが出来る、すごい。

豆腐にかける

豆腐にかけると、いつもとはまた違った冷奴が楽しめます。もうここまでだけで冷奴のレパートリーが(醤油、白だし、ポン酢)の3つになりましたね✨

また、夏場は豆腐丼のタレを、白だしからポン酢にしても美味しい!

焼肉のタレ

これは思いつく人多そう。既にプロ仕様の味付けがなされている焼肉のタレは肉好きには必須のアイテムです。

おいしすぎて、なんならタレだけで白いご飯食べられるからね…!

もちろん肉と一緒に…

これはわかるよね。肉買ってきて焼いてタレと合わせれば良いんだもの。

すごい楽。すぐにガッツリ焼肉丼が出来上がるよね。

プルコギのたれもおすすめ

鶏の手羽元や手羽先を焼肉のタレで煮込んでみると、お店の味みたいな甘辛い味付けの肉料理ができます。家にごまがあるなら、それを加えれば完全にそれ。ご飯がすごく進みます。

とくに上のプルコギのたれを使うのが私は好きです。梨が入っているから肉も柔らかくなるらしい。

別に調味料の計量もないから、肉とタレをぶち込んで10分くらいほっておけば,一つの料理ができます!

野菜だけでも行ける

きゃべつとかもやしとかを和えても、それなりの味になるので、肉がない時はこれでもご飯のおかずになるよ!

 

美味しいさしみ醤油

「えっもう醤油は家にあるのでお引き取り願います…」と言いたくなる気持ちもわかるのだけど、でかいボトルの醤油とは一線を画するさしみ醤油。

上の画像のような形のボトルだと、新鮮さが守られるようです。

調理用のでかい醤油とはもうぜんぜん味が違う

海鮮丼をつくるときはもちろんですが、納豆や冷奴、卵かけごはんもこの醤油で食べたほうが絶対美味しいです。

だから、意地でも料理はしない!という人のお家にはこの醤油だけで十分だと思います。省スペースにもなっていい感じ。調味用の醤油はでかい。

マヨネーズ

 

これ説明する必要あるかな?草系にかけるとサラダになります。

茹でた野菜や解凍した冷凍エビでも可。

あとトーストにかけて焼くと絶品朝ごはんが出来ます。

納豆に入れても美味しいし、シーチキンとは永遠のパートナーです。

何にかけても美味しい。これなくして人としての生活は難しそうと私は思ってしまう。

ごまだれ

 

これも野菜にかけると美味い。永遠に食べ続けることが出来る!

あとはポン酢みたいに茹でた豚肉にかけると美味しい

冷えたうどんに野菜と一緒にかけると”サラダうどん”的なものが出来ます。

冷凍エビを解凍して盛り付けたら完璧ですねこれも。

スイートチリソース

変わり種来ました!

これは登場する頻度はそこまで多くないものの、ちょっと家でアジア〜ンな料理が食べたい時におすすめです。

とはいえ焼いた鶏肉や解凍したエビにかけるだけなんだけど、一気に雰囲気が変わるからすごい。

後は買ってきたからあげにかけたりしても意外といけます。

頻度は少ないし癖もあるから、買うならすごい小さいボトルでいいと思います。

インスタント料理のもと編

ここからは、インスタント料理の素で美味しかったものをご紹介します。

こういう類の商品は大抵が薄いアルミ袋に入っているのですが、それが良い!

もちろん既に出来ている冷凍食品も腐らないし、調理もチンするだけでラクなのですが…めちゃくちゃかさばるんですよね。もう冷凍庫がパンッパン

その点インスタント料理の素、調理が面倒だけどは場所は取らないし、すぐには腐らないので置いておくと便利です。

お茶漬け/永谷園

インスタント料理っていうか・・・お茶漬けです。ごはんしかないときのために。主に冬に大活躍。

 

揚げずにカリッとサクサクからあげ/ヒガシマル醤油

これは味がめちゃくちゃ美味しい✨

これで料理すると肉から大量の油が出てくるけど、とにかくこの味つけが好きでよく買っています。

+αで食事がもっとうまい!常備薬味

なくてもいいけど、簡単に腐るものでもないし、これがあるだけでだいぶ味が変わると思っているから置いておくとおすすめだよ☆な常備薬味(?)です!

刻み海苔

たらこスパゲッティ、海鮮丼、親子丼、ざるそば、冷奴(お前どんだけ冷奴食ってるんだよ)など、案外海苔をかけたくなる料理は多いです。海苔は長持ちだからおすすめ。刻んであればなおラク☺

白ごま(いりごま)

これも本当によく使います!プルコギのたれで作った甘辛煮には白ごまを入れたい!ざるそばにも入れたいし、さっき言ってたほうれん草の和物や和風スパゲッティにも。

刻みネギ

これのすごいところは、ただ単に焼いたり茹でただけの肉にタレとともに添えると一気に”料理感”が出るところです。

さらに「私は今日野菜を摂取したぞ」という謎の自信も添えてくれる

冷奴、傷めた肉、インスタントラーメン、そばうどん納豆たまごかけ、買ってきた牛丼に添えるなど様々な使い方ができます。

自分で刻んで冷凍してもいいけど、スーパーに既に小口切りになって透明の箱に入ったやつが売ってるから、それを買ってきてすぐに冷凍庫にぶち込むんだ!

つかうときはそこからカリカリと好きなだけ取って、料理の途中で投げ入れる。

おまけ

全然知らなかったんだけど、乾燥したネギと刻み海苔が一緒に入っているやばすごい商品を見つけた…!

ちょっとレベルを上げてみた

今回は前回の記事よりも「開けて食べるだけ」な料理が少なかったので、ちょいレベルは上がりましたね。

でもいつどんなときでも限界飯という訳にはいかない日だってあるので、これらの調味料を常備して味に幅を持たせてみてください‼