韓国コスメレポはこちら💖

バターサンド以外もおいしい♡六花亭の8つのお菓子、味わいました!

こんにちは!kurake(@kurakurakurake)です☆

先日北海道の六花亭で六花亭のお菓子を買ってきました☺(ホクホク

ただ食べるだけよりもレビューをしたほうが楽しいはず!と思ったのでそうします❤(はい

合計で9種類のお菓子を買ってきたよ!!!

今回はアイドルに例えてレビューしてみようかな!(謎企画

※9つ写っています、ホワイトチョコレートは食べていないのに写してしまいました。

 

マルセイバターサンドしか食べたことない…」「バターサンド以外のお菓子もあるの?

な〜んて方、『六花亭の他のお菓子の素晴らしさも知らないのはもったいない!』

とこの前までバターサンドしか食べたことのないやつが申しております(わたしのことね)!

六花亭はよく本州でも各地で北海道物産展がある度に出店している印象なので、手に入りやすいところもいいよね、おいしくても北海道でしか買えないなら切なくなるだけよね…。

ひろびろ

ビスケットとパイ、チョコレートとパイを組み合わせた挙句、さらに全体的にチョコレートコーティングするという悪魔のお菓子。

しかもこのビスケットとパイとチョコレート、一噛みしただけでそれぞれハイクオリティな味がするのがすごい。

ひろびろにはチョコとイチゴの2つの味があります!

 

一見するとよくいそうな普通のアイドルだが、個々メンバーのダンスと歌のスキルは一流のものである。

畑の大地ひろびろ

畑=土の色!ということかしら?

ブラックココア入りのビスケットの上にパイがくっついており、そこをさらにチョコレートでコーティングしています。

カカオとかココアの味がする。「ビター寄り」というか。でもちゃんと甘い(語彙力)

甘ったるくない高級感のある落ち着いた甘さを感じたんだ…!

パイが軽くて水分を含んでない感じのサクサクで、すごく繊細な感じ。バリバリした感じではない。

こういうお菓子、スーパーにもありそうだけどまるで別物って感じ。この子は育ちがいいんです。

 

花の大地ひろびろ

畑の大地とは違い、こちらはイチゴ味の濃厚なチョコレートとパイがくっついており、さらにその上からチョココーティングをしています。

甘酸っぱいいちごの味。いちごミルクって感じの甘さじゃないし、「既製品のイチゴ味」でもない。フリーズドライのイチゴっぽいきちんとした味がする。すき。

サクサクしたパイと濃厚なチョコ板を同時に感じられる、少しボリューミーなしっかりしたお菓子です。

ボロボロとこぼれるかな?と思ったけど、案外チョココーティングのおかげで汚くならない!

女の子っぽい女の子が好きそうな見た目と味だけど、甘ったるくなくて酸味もあるので甘いもの苦手な男性にも良さげ。

 

 

マルセイバターサンド

勝手にマルセイユという会社が作っていると思っていた、幼稚園の頃から大好きマルセイバターサンド!

改めてこのお菓子はわたしの人生の中の殿堂入りスイーツだと思った。

ちなみに「マルセイ」の名前の由来を、公式ECショップで確認できました。

菓名の由来は、十勝開拓の祖・依田勉三が率いる晩成社が十勝で最初に作ったバター「マルセイバタ」に因み、パッケージもそのラベルを模しています。

https://www.rokkatei-eshop.com/

サンドをしているクッキーは意外としっとり。
中にはさんであるバタークリームがめちゃんこおいしい。

ただ甘いだけのバタークリームじゃない、奥行きのある味。この奥行きの正体はラム酒だと思う。よくこれ考えついたな。

調べたら、ラムだけではなくホワイトチョコレートも入っているらしい。おいしくないわけがない!!!

このクリームだけ食べても全然いけそう。ぜひ一度やりたい。

いつだって最後の一口が名残惜しくなるお菓子です。

 

殿堂入りしたアイドル界の中のアイドル。

既にグループからは引退するも、長年ソロで業界を生き残っている最強アイドル。

 

雪やこんこ

一見普通のよく見るサンド系菓子…と思いきや…

「ん…?これは!!!この慣れた感じ…お前…ヨーグルトか!?」

まさか普通のカカオビスケットとヨーグルトのあわせ技キメてくるとはね。

このビスケットもサクサク感すごい。ザクザクでもない。しっとりしてない。ひたすら軽くサクサク。きめこまやか。

さわやかで重くなく、一瞬で食べ終わってしまった。

1個しか買わなかったの後悔。。

甘ったるくないから誰にでもおすすめ!!

ひんやりした感じがパッケージにびったり❄

プロレベルにサックスがうまくてたまに演奏も織り交ぜながら、アイドルファンのみならず幅広いジャンルの観客を楽しませるアイドル

 

霜だたみ

今度は砂糖がたくさん散りばめられたザクザク系のパイにバタークリームが挟まれたお菓子です。

たしかに名前のとおり、霜が降りた石畳のような見た目ですね✨

このバタークリームはこっくりとしていて「バタークリーム感」がある

が、しかし程よい甘さ。

ザクッといったあとに、こっくりとしたでも後味がしつこくないクリームに入っていく感じが素敵。

個々に挟まれているクリームは、マルセイバターサンドとはぜんぜん違う味がするんだけど、これもバターサンドの中のクリームに近い雰囲気。

ただのクリームではなく、奥行きがある味。すんごくおしゃれな味。ブランデー的な?

何がこの味を醸し出しているのか皆目見当がつかなかったので材料の欄を見てみると…

コーヒー、ブランデー(やっぱり!)、ローマッセ……ローマッセ?

ローマッセは、砂糖とアーモンドを練り練りした餡のようなものだそうです。

とにかく、この世のおしゃれなものを詰め合わせたものをサンドしているんだ、そうだ。

 

メンバーが在米経験があり、日本語の歌詞に時折挟まれる英詩の発音はほぼネイティブ。英誌のみの持ち歌もある、異彩を放つアイドル。

おかげさま

これは和洋折衷のお菓子で、最中生地にナッツの味のするチョコとナッツがはさまれています。

この最中の香ばしさ加減がすごい。「焼いたよ!!!」ってかんじの香りがすごいする。

ただわたしが最中が少し苦手ということですこし残念です!

はさんであるやつは、「ナッツの味のするチョコとナッツ」で間違いないんだけど、ジャンドゥーヤって言うらしい。

焙煎したナッツとチョコレートのペーストですって!出処は間違いなく日本ではない。

も〜〜〜っと分かりやすく言うと、「ロシェ」!

スーパーや成城石井ドンキなどあらゆるところにおいてあるあのロシェ。

最中にロシェの中身が挟まっている感じ☝

わたしは最中が苦手なので「中身だけでいい」と思ってしまったけど、

最中苦手な人でもこれは質のよい最中だろうということがわかりました。

 

 

ドイツ人美少女が着物を纏って踊る二重国籍アイドル。やはり碧眼に着物というところに抵抗がある人も多く、コアなファンが多い。

マルセイキャラメル

キャラメルにも種類があると思いますが、これは花畑牧場とか麻布十番にありそうな手作り系のキャラメルの味。

正直スーパーにおいてある系のキャラメルの見た目と似ているが断じて違う。

まず全然歯にくっつかない。最高。

サクサクしているわけではないけど、歯にはくっつかない。

この触感は言葉には表し難い。

言うなればプレミアムハイチュウの食感に似てる。(わかる?)

ラムネとチューイングガムの中間、みたいな…。

 

何気に大豆が入っているけど、大豆の存在感は食感に華を添えるのみ。

大豆の風味はきちんと息の根を止めてあるようで、全く大豆の味はしない。

 

とにかくキャラメルにあるまじき、素晴らしく不快のない食感です。

すべて喉の奥に消えていった。

3個入りを2つも買って多すぎたかなあ〜と思ったけど全然そんなことないし、むしろもっと買わなかったことをひどく後悔している。

誰にでも安心しておすすめが出来る、明るい曲を歌う王道アイドル。クセがない。カラオケで堂々と歌うことが出来る。

六花のつゆ

何の変哲もないキャンディーかあと思ったけど、缶がほしいという理由だけでカゴに入れました。(さっきから見くびりすぎ)

結論から言うと何の変哲もないどころか、「個性の塊」のキャンディーでした。

入っている状態の見た目も素敵だよね。3つのキャンディーをこういうふうに並べるか〜!ってかんじ。

いやこれキャンディーなのかな?キャンディーの薄い膜で覆われていて、中にお酒のシロップが入っているお菓子 が適切かも。

 

噛むとシャリっとした食感。いとも簡単に口の中で崩れます☺そのあとに濃ゆいトロンとしたリキュールが口に流れ込みます✨食感最高。

しかも味が6つも入ってるんだよ。

ただ、「ブランデー」「ワイン」「ハスカップ」は”お酒感”を主張しているので、お酒が苦手な人は無理かも…!(そもそもこれは「ボンボンです」と書かれている)

ペパーミントと梅酒、コアントローの味は激ウマで秒でなくなりました!コアントロー何か分からんけど!!

結局ブランデーは紅茶に入れてちょっと風味づけとして使いました。3つじゃ足りんかっあたけど!!!

ペパーミント味だけのがあったら無限に買いたい。

品が良く女性ファンが多い、清楚系アイドル。しかし歌詞には知性が感じられ、哲学的で個性的な内容も多く、何度もリピートしてしまう中毒性がある。

この旅はまだまだ終わりではない

六花亭のパッケージの、かわいくて品が良いかんじが好きすぎて、マスキングテープも買いました。

お菓子は結構たくさん買ってきたつもりだったけど、食べていない六花亭のお菓子、まだまだたくさんあるんです!!!

今回は北海道の直営店で買ったのですが、直営店だと催事場と違ってBOX入ではなく、1つずつ買えるので、4人5人の家族と分け合えないわたしにはありがたかった!

子供の頃行った駄菓子屋さんのように目を輝かせて店を歩き回った。

北海道が最高だったので(なんなら海外旅行よりエキサイティングだった)、ぜひまた行ってあのお店でお買い物ができればなあと思っています❤