韓国コスメレポはこちら💖

【アリスルーム】ディズニーランドホテルはこんな風に遊び倒そう!

わたしは物心つく前から東京ディズニーリゾートにお世話になって来ました。

そしてディズニーランドホテルができて以来、ディズニリゾートに行くたびに「いつか行きたい…」とため息をついていたのですが、

人生一度しかない、すぐ叶えられる夢は積極的に叶えていべきだ!、という自分の中のコンセプトに則ってその夢を叶えてまいりました✨

”ホテルを楽しむ”旅

もちろん私たちはディズニーリゾートに来るのでどうせならディズニー公式ホテルに泊まろうか、なんていうノリではありません!

ホテルを楽しむために来たのです。当然のごとくホテルがメイン。

さらに運良く「絶対一生泊まれないだろうな…」なんて思っていた【不思議の国のアリス】のキャラクタールームの予約が取れたのです!

(ネットで予約したんだけど、平日なのにみるみるうちに予約が埋まっていって恐怖だった)

そう、わたしたちはパークというよりホテルに来たんだ‼‼

ホテルに泊まるためにわざわざ近場から浦安に来たんだ‼‼

 

とはいえ今期のグッズが欲しかったので前日にTDS、宿泊からの→翌日お昼まで満喫コース、堪能して来ました。

もしも「パークは行きまくってるけどホテルはまだ未開拓だ…」という方がいたら是非、どんな風にホテルを楽しめるのか、具体的に書いているので読んでみてください!

楽しみ方①夜のホテルの写真撮影

ディズニーランドの出口からディズニーリゾートラインの駅の方向へ直進、

リゾートラインについてもなお直進するとディズニーランドホテルが見えます。

 

楽しいポイント

普通の人は昼のホテルに比べて夜照らされたホテルに出会う確率の方が低い!

ということで、時間に余裕をもってチェックインするようにして、ここで心ゆくまで写真を撮りましょう〜✨

楽しみ方②ロビーで写真撮影

これは1階のエントランス入ってすぐの上のところのタイル画です。

階数でいうと 1.5階くらい?にあります。

タクシーやバスで直接3階に着いた人はロビーから続く階段を降りて見てください!

ディズニーランドホテルにはミッキーたちの他にアリスやピーターパンなどのモチーフがあらゆる場所に仕込まれています。

楽しいポイント

チェックインに長蛇の列ができていたら、列に並ばず一旦ロビーで待機しませんか?

「あっあそこにピーターパンガッ!ミニーガッ!見て!」とやっているとすぐに時間が過ぎます。

 

ロビーには常に人がいるので、朝も夜もいい画を撮るのは結構難しかったです。

楽しいポイント

チェックインを済ませると、ホテルのお姉さんに「初めてなら案内するけど、どう?」的なことを聞かれるので「部屋くらいわかります〜」と言わずに案内をお願いすることをお勧めします‼

なんのことはないのですが、迷いやすい自分の部屋への道の覚え方(「プルートの方向に進んで3つ目のお部屋です」)を教えてくれたし、部屋の見えないところにある持ち帰っていい備品(ポストカード)の案内もしてくれました。

 

ルームキーとルームキー入れが激かわ

ルームキーやモノレールパスなどのカード類を全てこの紙のファイルに入れて渡してくださいました。

35周年だったのでいつもよりカラフルな仕様みたい…ああ尊い。

ルームキーは2人部屋なので2つ、それぞれ宿泊者名が印刷された状態で渡されるし、これはもらえます…?

気をつけポイント

泊まると翌日使えるリゾートラインのモノレールパスがもらえるのですが、受け取ったというサインを書かされます。

なんで?って思っていたら、なんとわたしは部屋に着くまでにそのパスを紛失してしまった(←!?!?!)

ので納得!使う予定なかったからいいけど同行者に申し訳なさ過ぎる。

サインが必要な理由、つまりパスをなくす人が多過ぎるんでしょうね…;

磁気カードでトゥルトゥルしてるから、たしかにこの紙のファイルに入れてしまうと平気でスルッと落ちていきそう。

楽しみ方③ホテル内のお店を探検

絨毯の柄をジロジロと愛でたり、エレベーターのミッキーたちのアナウンスなどにほっこりしていると部屋につきます。

が!

部屋の探検は後回しで、ホテル内のお店が閉まる前にお財布とスマホだけ持って1階に行きましょう!

ルッキンググラス・ギフト

とてもおしゃれな外観ですが、要するにコンビニです。

この時点で夜の22時とかなのですが、翌朝の朝食のためなのか、たくさん人がいました。

急いで来たけど、このお店は24時間営業なのだそう…!

1ホテルにすぎないのにこのサービス‼

 

コンビニではありますが、汗拭きシートやお菓子などはディズニーコラボの商品ばかりが集められていて、大変テンションが上がります。

こういう工夫、ファンにとっては本当に嬉しいです✨

コンビニに売っているようなものの他に、日傘や休足時間、入浴剤などの翌日やホテルで使いたい商品も並んでいました。

(ただ、バスジェルはアメニティの中にあります)

翌日、ホテル内の朝食を食べに行かないのであれば軽く食べるものを買っておきましょう。

わたしたちは早めのランチビュッフェに行く予定だったので何も買いませんでした。

ディズニー・マーカンタイル

ここはホテル内のグッズショップです。

パーク内に売っていたものと、ホテルオリジナルグッズが購入できます。

しかも、ディズニーランドホテルのショップは、他のオフィシャルホテルに比べると最も売り場面積が広いのだそうです‼

「もっとおみやげ買えばよかったかなあ…」などと思っていたので、パークから出ても気軽におみやげを見られるのはありがたいし贅沢だなと感じました。

(※一応、宿泊していなくてもこのショップには入ることができます)

お風呂に入って就寝

翌日朝早く起きて活動するためにも、24時までには眠りにつきました。

日本人への配慮を感じるお風呂

感動したのが、お風呂に椅子があったこと!

日本国内だとしても、ホテルの部屋のお風呂に置いてあるのは珍しいですよね。

日本人への配慮を感じます…!

一日中パークで歩き回ってヘトヘトの足にかなり優しいです✨

上から直下に出てくる欧米っぽいシャワーと、日本の家庭用の普通のシャワーの2つが切り替えられました。

あと、シャワーの横にかけている泡を作るネットも、アメニティとしてついていてびっくりしました。

バスタブもすぐにお湯が張れて助かりました!

寝る前にお部屋を少し堪能

何度もスマホの画面で舐めるように見ていたあのベッドが目の前に…!!

ヘッド部分もだけど、足元の部分も布が工夫されているのがわかるでしょうか✨

ベッドサイドのテーブルも持ち帰りたいレベルの可愛さです。

あと、部屋が歪んでいるように描かれた壁紙もファンタジーみがあって好きです。

アリスのドレスの形のライトをつけたら一気に怪しい雰囲気になってしまったwww

 

キャラクタールームは、トゥーンタウンのキャラの家に雰囲気が似ています

全部の家具がポップな感じで、壁紙もすごくカラフル⭐

”プライベートなホテルの部屋”じゃなくて、まだ”パークの中”にいるような気持ちになります

 

エクストラベッド兼ソファ。とはいえ大人一人が寝るのに十分な大きさです。

囲われている感じが安心感を呼ぶのか、寝心地が良くて普通のベッドではなくこっちで寝落ちしそうになりました。

 

テレビ台の下のチェストの膨らみ具合がツボ!

ちゃんと引き出しとして使えます。

楽しみ方④朝のコーヒーをかわいいティーカップで。

いつもは備え付けのコーヒーには目もくれないなんて人もいると思いますが、ここのティーカップはめちゃくちゃかわいい(高いやつでした)し、お部屋の雰囲気ともすごく合うのでぜひ使って見てください。

ちなみに、お水も4本無料でお部屋についています。

楽しみ方⑤人が少ない午前中に4つの庭を回る

起床したら、軽く腹ごしらえをして外に出ましょう!

昨日夜にチェックインした故にまだ見ることのできていないホテルの中を探検しましょう。

わたしたちは9時ごろからメイクなどを済ませて活動を始めたおかげで、人のいない状態で写真撮影などができました。(平日だから余計に人がいなかった)

部屋に戻ろうとする頃には、クレーン車による壁面工事が始まっていたので早めに撮影できてよかったなと思いました

シャーウッドガーデン

周りをぐるりとホテルに囲まれた広めの庭です。

朝だから本当に誰もいなくて最高でした!

木々の緑とホテルの水色の組み合わせが素敵で、日常を忘れられるよう…。

アリスガーデン

アリスガーデンは、ルームキーを持っている人だけが入れるお庭です。

せっかく宿泊しているなら入るしかないなこれは‼

この扉にキーをさすと入れます。

写真が下手すぎて言葉も出ないな??

赤と白のバラがアリスの映画のように何本か植えられており、まるでさっきまでトランプ兵がバラの色を塗り替えていたのでは?と思えるようなかわいいお庭です。

横からだとわからないけど、トランプの4つの図形が植物で形作られていました。

ファンタジア・コート

お庭というよりも、タクシー乗り場といったほうがよかったかも。

このあたりをうろついていたらタクシーに乗りたい人だと思われチラチラ見られますw

↑ファンタジアのほうきたちがミッキーを囲んでいます。

気をつけポイント

実はこの他に(庭ではないけど)ミスティマウンテンズ・プールという子供向けのプールがあったのですが、まだプール開きではないとのことで入場できませんでした。

ちなみにプールに入れる時期でも、プールに入らない人は見学ができないそうなので、もし中まで入りたかったら水着を持参したほうがいいかも。

楽しみ方⑥最後にもう一度お店を見る

またかよと思われそうだけど、やっぱそこにあるなら行きたいじゃんwww

いつもははるか遠いディズニーのパーク内のお土産が、こんなに気軽に見られるって異常事態だから‼

悔いのないように何度もお土産を見ましょう。

楽しみ方⑦部屋で思う存分撮影会

これぞまさにキャラクタールームの真の楽しみ方だと思うのです…!

幸いなことにチェックアウトはかなり遅めの12時なので(最高)、ギリギリまでホテルを堪能します❤

今回はアリスルームだったため気合が入っていた私は、以前パーク内で購入したアリスのドレス風ワンピースを同行者に着てもらうことに成功!

ひたすら被写体になってもらいましたw

下のような楽しげな写真がたくさん撮影できます!

一番いいところはプライベートなので他人に配慮しなくていいこと

もうずっとベストポジション!!!

気をつけポイント

必ず自撮り棒やミニ三脚を持ってくることをお勧めします…!

今回は同行者が自撮り棒を持ってきてくれたがために大変救われました!

楽しみ方⑦アメニティ山分け大会

そろそろチェックアウトの時間が迫ってきたので、部屋のアメニティを2人で分けっこしました。

左下の死ぬほどわかりにくい写真に写っているものは、ポストカードです。

35周年が3枚、ホテルオリジナル2枚でした❤

チェックアウトは部屋のTVでできる!

ロビーカウンターに行かなくていいので、時間が最大限有効活用できます!

 

楽しみ方⑧ホテル内のレストランで食事

ビュッフェ目当てにシャーウッドガーデンレストランへ

お昼はホテル内のレストランのうちの1つ、シャーウッドガーデンレストランにてランチビュッフェをいただきました

値段は一人4,000円で、コーヒーと紅茶はおかわり自由でした。

今回は平日だったからか座席予約をしなくてもすぐに入れましたが、それでも少し混んでいたので、休日は確実に電話などで予約しておいたほうがよさそうです。

食べものの種類が膨大にあって、3回取りに行ってもまだコンプリートできないようなレベルでした…‼

レストランにもちゃんと「ディズニー感」を感じられる装飾がされていてうれしい。

もう、かわいいが止まらない

そしてどれもびっくりするほど美味しいも止まらなかった。

「チョコをかけたパンか、ふ〜ん…」

「!!!!」

「ななな何これおいしい!?!?」ってなった。

12時に入ったのですが、人があまりいないのをいいことに14時まで居座ってしまった。

美味しくてかわいいものに囲まれて、最高の時間でした❤

楽しみ方⑨ボンボヤージュに寄る

↑人がいないお昼のロビーです

これホテル内の話ではないけど、案外見落としそうだと思うので!

ミラコスタと違ってディズニーホテルはボンボヤージュ(パーク外にあるショップ)がすぐそばにあるので、気軽に寄ることができます。

さすがにホテル内のショップよりもボンボヤージュの方が品揃えが多いので、ほんと〜に最後の最後までお買い物をしたい方は寄ることをお勧めします。

わたしたちはここに寄ったおかげでお目当ての商品が買えたので大満足でした✨

お腹いっぱいの2日間を過ごせた

泊まるのにいくらかかったのか?

気になる今回の宿泊費用は、平日だったので通常より安く抑えることができました!

不思議の国のアリスルーム一泊:一人25,000円

ランチビュッフェ:一人4,000円

ファン以外の人から見たらめちゃくちゃ高いなと思われそうですが、サービスも良く、ホテル内だけでも見るところだらけだったのでこの値段には大満足です✨

それゆえに、2日連続でパークに行く場合、その間にホテルに泊まるのはお勧めできません。

そのスケジュールだと本当に何にも見られないので、その場合はもっと値段を抑えたホテルに泊まるのがいいと思います。

この楽しみ方、参考にして見てください✨

 

1日目の夜までパーク、その日の夜〜翌日15時くらいまでずっとホテル周辺で楽しむことができました

何回もTDRに着たことがある方は、”あますことなくホテルを楽しむ”というコンセプトでホテルにも泊まってみてください!

ディズニーランドホテルオフィシャルサイト