韓国コスメレビューはこちら♥

【セルフジェル歴3年】セルフジェルネイルとマニキュアのちがいって何?

わたしは3年以上前からセルフでジェルネイルをしています。

セルフ=ネイルサロンでお願いしていないという意味です。

この記事では、実際に自分でジェルネイルを施しているわたしが感じた、自分でジェルネイルをすることのメリットやデメリットを書こうと思います。

マニキュア(ネイルポリッシュ)とジェルネイルはどんな違いがあるの?と思っている方や、

普段はネイルサロンに行ってネイルアートをしてもらっていたけど、自分でもやってみようかな…!と思っている方、ぜひ読んでみてください。

※わたしはジェルネイルの学校などで勉強をしたことはなく、書籍や付属の説明書、インターネットから得た情報を元にジェルネイルを行っています。あくまでも素人がやっている方法だということを念頭にお読みください!

そもそもジェルネイルって何?

ジェルネイルはアクリル樹脂をマニキュアのように爪の上に塗り、UVライトで固めるものです。

固まったジェルはマニキュアに比べると断然持ちがいいので、きちんと塗れば少なくとも1週間は爪の上できれいに輝いていてくれるのです。

どうしてセルフジェルネイルを始めたのか

サロンが苦手

もともとわたしは自分でマニキュアを塗ることもあったし、お店でジェルネイルをしてもらうこともありました。

ただ、ジェルネイルって時間が長いし話しかけてくるスタッフさんもいるので施術中すごく緊張して疲れてしまって…

(同じ理由で美容院や他のサロン系も苦手なんです)

時間がなかった

そんな風にもともとサロンに行くのは苦手だったのですが、会社で働いている時はたまにの休みを苦手なサロンで潰すのもいやだったし、忙しい中ネイルをこまめに塗り直す暇もなかったんです。

でも毎日パソコンで仕事をするし、チラチラとキレイにした自分の爪が目に入ると仕事を頑張れたんです。

当時仕事でボロボロだった私はむしろそれくらいしか自分の心を保てる術がなかったとも言えます。(白目)

友達がセルフジェルをやっていた

ある日いつも爪をキレイにしているお友達にネイルのことを聞いたら「自分でやってるよ」と教えてくれたんです。

「自分でやるなんて思ったこともなかったけど、自分でできるものなのか…!」と自分の常識が覆される気持ちでした。

もともとハンドメイドで何かするのが好きだったので、楽しそうだなと思いセルフジェルネイルを始めることにしたんです!

ジェルネイルとマニキュアの違い

手順

ジェルネイルとマニキュアの最低限の手順(二度塗りや甘皮除去は入れていません)を、それぞれ挙げてみました。

マニキュア(ネイルポリッシュ)

①ベースコートを塗る→自然乾燥
②ネイルポリッシュを塗る→自然乾燥
③トップコートを塗る→自然乾燥

自然乾燥というところがポイントです。

ジェルネイル

ジェルネイルの基本の手順は以下の通りです。

①爪の表面を爪やすりで削る
②エタノールで爪を拭く(爪の上の油分を除去するため)
③ベースコートを塗る→ライトで固める→エタノールでふきとる(固まりきらなかった表面のジェルを除去するため)
④ネイルポリッシュを塗る→ライトで固める→エタノールでふきとる
⑤トップコートを塗る→ライトで固める→エタノールでふきとる

”これを指10本分…???めんどくさくて絶滅しない!?”と思った方も多いと思います。笑

固まりきらなかった表面のジェルを除去しなくてもいいタイプのジェルネイルポリッシュを使ったり、

ベースコートもしくはトップコート不要のジェルポリッシュを使ったり

ベースコートを速乾性のマニキュアタイプ(ライトで固めない)を使ってサボったりすることで、

手順はもう少しシンプルにすることは可能です。

必要なアイテムとその値段

ジェルネイルとマニキュアに必要なアイテムと、最低限の費用をそれぞれ挙げてみました。

もう本当に細かいことにはこだわらない感じで買うとここまで抑えられると思います。

マニキュア(ネイルポリッシュ)

・ベースコート(100円)

・ネイルポリッシュ(100円)

・トップコート(100円)

・ネイルリムーバー(100円)

合計400円

ジェルネイル

・爪やすり(100円)

・ウッドスティック(100円)

・エタノール(100円)

・ジェルネイル用のベースコート(800円)

・ジェルネイル用のネイルポリッシュ(300円)

・ジェルネイル用のトップコート(800円)

・ジェルネイル用のネイルリムーバー(100円)

・ジェルネイル用のUVライトもしくはLEDライト(1000円)

合計3300円

オフの仕方(落とし方)

マニキュア(ネイルポリッシュ)

①コットンにネイルリムーバーをしみこませ、爪の上に置いて放置。

②1~3分後に一気に拭き取る。

ジェルネイル

①ジェルネイルの表面を爪やすりで傷つける。

②コットンにジェルネイルリムーバーをしみこませ、爪の上に置いて放置。

③10~15分後にコットンを剥がす

④バリバリにめくれてきたジェルネイルをウッドスティックで除去していく

マニキュアと比べたときのジェルネイルのメリット

メリットを感じている順に書きました☆

1.ジェルネイルはモチがいい

マニキュアはモノや扱い方によっては、ちょっとした衝撃で色素がはげてしまいます。

ジェルネイルはもはや色素じゃなくて樹脂。つまり色つきプラスチックのようなものなので、”色が部分的にはげるという概念がない”です。

きちんと塗れば剥げにくく傷つきにくく2週間以上もってくれることもあります。

(その代わりにちゃんと塗らないとびろーんと一気に全てに剥がれてしまうことはある)

むしろ2週間以上持つこともあるのですが、爪が伸び過ぎてやむを得ずジェルネイルを落とすときもあるくらいです。

爪を切ってしまうとジェルネイルはとても剥がれやすくなるので、たいていは爪を切る時にいっしょに落とします。

2.マニキュアの「まだ乾いてなかったんだ…(絶望)」がない

マニキュアの場合塗り終わった後に「もうそろそろ乾いたかな…?」と思ってちょっと手を動かしたら、

まだ乾いておらずぐちゃぐちゃになった上に指が触れた服や靴下についてしまう悲劇が起こり得ますよね…。

ジェルネイルは未硬化ジェルを拭き取る作業があるので、その時点で乾いていないジェルは拭き取られます。

つまり最後はいつも乾いている状態なので、自然乾燥をする時間がなく塗り終わったらすぐに次の行動に移ることができます。

3.ラインストーンなどのパーツが取れにくい

マニキュアを塗るときトップコートで頑張ってラインストーンやパーツをつけることもできますが、ものの数時間ですぐに取れてしまっていたんです。

マニキュアで何日もラインストーンを持たせられる人ってプロだと思う…!

ジェルネイルだとストーンをジェル用のトップコートにで完全に覆って固めることが出来るので、爪の上で完全コーティングされた状態になります。

何かに引っかかってもなかなか取れません。

もちろん、ジェルでもちゃんと厚みを出して十分硬化しないと取れてしまいますが…!

ジェルで上手にパーツを覆うことができれば、プロにやってもらったようなアートが何日も持続しますよ〜!

4.質感

ジェルネイルはマニキュアと比べると仕上がりの質感も異なります。

ツヤッとした質感になってすごくかわいい!!!

5.ついでに爪を補強できる

UVライトで硬化して樹脂で爪を覆うことでマニキュアだけを塗っている時よりも爪が強化されます

激しくぶつかり合う競技をしているスポーツ選手も、透明のジェルネイルで爪が割れないように補強することがあると聞いたことがあります。

細かい手作業の仕事をされている方は意外と役にたつかも…!?

マニキュアと比べたときのジェルネイルのデメリット

1.気軽に始められない

マニキュア一本買ったらトップコートやベースコートがなくてもなんとかなりますが、

ジェルネイルの場合はジェルネイル用のポリッシュだけではなく、少なくともUVライトやエタノールは必須です。

わたしも始める前は色々なことを調べて苦労しながら集めたものです。

2.塗る前に覚悟が要る

ジェルネイルはマニキュアよりも工程が多いので、ある程度のまとまった時間と手間が必要。

少なくとも30分くらいは欲しいです。

なので心理的ハードルが高く、「よし、今からやるぞ!」という覚悟がないと出来ません。

疲れているときは尚更ですね…!

3.除去にも時間と手間がかかる

マニキュアと違って落とすときは、爪やすりでジェルを削ってリムーバーを染み込ませる必要があります。

マニキュアと比べると手間や時間は多くかかります。

4.アレルギー体質の人は要注意

これは全員に当てはまることではないのですが、アレルギー体質の人はジェルが少し皮膚の上にはみ出てただけでもただれてしまうことがあります。

わたしは一度もこういう経験がないのですが、アレルギー体質の方ははみ出ないようにめちゃくちゃ気をつけて塗る必要があります。

5.ニオイがキツい

ニオイがキツいのはマニキュアも同じなのですが、ジェルはマニキュアよりも時間がかかるのでこのニオイにさらされる時間が長いです。

終わったらしっかり換気をしないとしばらくは部屋ににおいが残ってしまいます。

安いジェルネイルポリッシュになるほど、ニオイのきつさが強くなる印象があります。

メーカーにもよるとは思うけど、1本1000円以上のものだとそこまで気になりませんでした。

6.マニキュアと比べると値段が高い

高度な機能があり、持ちも良く、マニキュアよりも流通していないからか、基本的にマニキュアよりもお高いのでたくさんの色を集めるのが難しいのです。

例えばマニキュアは安いと100円ショップで変えますよね。

ジェルネイルでも探せば1つ100円で買えるものもあるのですが、もったりしすぎてとても塗りづらかったり待てど暮らせど硬化しなかったり、

ニオイが強烈過ぎたりと使い続けられないような低品質の商品が多い印象です。

そうすると安くても1つ300円〜のものを使うことになります。

また、拭き取り不要だったりベースやトップが必要ないよ!っていう高機能のものは1つ1000円超えることもあります。

まあサロンでやることに比べたらまっったく気になりませんけどね…笑

慣れるとたくさんメリットがある

実際にセルフジェルネイルをしているわたしが、マニキュアとメリットデメリットを比べてみました。

わたしはセルフジェルしかやりません!というわけではなく、マニキュアもよく使っています。

突然予定が入ってネイルしていきたい時や、数日後にマニキュアを落とさなければいけない予定が入っている時などは化粧品感覚でマニキュアを使うほうが楽です。

ジェルネイルは慣れないうちは発狂しかけますが、全然とれないしツヤっとぷっくりでかわいいし、とてもテンションが上りますよ✨(あと人に褒められる

わたしは細かい作業が好きなので、心が荒んだ時に音楽をかけたりYoutubeをみたりしながらゆっくり集中してジェルネイルを塗ります。

他のことを考えなくてすむのでだんだん心が落ち着いてくるんですよね…!

マニキュアではできなさそうなかわいいデザインをネットで見つけた時にワクワクしながらやってみたり、新しいジェルネイルのポリッシュを買ったときも楽しい気持ちになります。

買っているとき、塗っているときからがジェルネイルの魅力だと思って、わたしは楽しんでいます。