韓国コスメレポはこちら💖

冬は寒い洗面所での洗顔をやめた。洗顔もメイク落としも暖かい部屋でやる!

こんにちは!

毎日寒いですね!末端が壊死してるのかな?と思うくらい冷え性のわたし。

本州にも北海道みたくセントラルヒーティングが当たり前になるようにと切に願っています。

北海道や寒い国の人は「東京は寒い」と口をそろえて言うそうですね…。

そもそも日本の大半の地域は湿気や暑さを感じる時期(6月〜9月)に比べて寒さを感じる時期(10月〜3月)のほうが圧倒的に長いのでそこんとこよろしく頼みたい。

とくに女は冷えやすい脂肪が体につきまとうという重い十字架背負ってますからね…。

冬の洗面所は立ち入り禁止区域に指定した

お家を作るときに、洗面所は北側に配置されることが多いそうです。

加えて湿気が多いところだから換気もしやすくなっているでしょう。その結果、どの家でも特に寒い場所として挙げられるのでは…?

わたしの家も例にももれず、日当たりの悪い場所にあるのでとても寒いです。

寒い朝に起きてすぐに行きたくない場所ナンバーワンです。

朝のみならず寒い日の夜にメイクを落としに行くのも億劫です…。

自分が暖房器具を駆使して育て上げたこの暖かい部屋に一生いたい!ということで数年前から冬季は極力洗面所を使わないことにしています。

※この記事は、一軒家に住んでいるとか家が普通よりも無駄に大きめだという方向けです。1LDKのアパートなら洗面所だけ寒いとかあんまりないですよね。

洗面所も嫌だけどお風呂で洗うのも嫌だ

【やりたくないこと】

・冷え切った洗面所に行くこと

・冷たい水で顔を洗うこと

・皮脂を取りすぎるお湯でも顔を洗うこと

→そもそもお湯が出るようになるのが遅すぎる!水を1分くらいダーッて出しっぱなしにするとやっとお湯が出てくる仕組みだから…

・浴室の中で顔を洗うこと

→洗顔には水を使いたいけど、裸の状態で水を扱うと身体に水がかかって死にそうになるから

【やりたいこと】

・室温くらいの冷たすぎず熱すぎない水で顔を洗いたい

・一番暖かい部屋にいたい

暖かい部屋で全てを済ませるには…?

考えた結果、一番よくいる部屋コットンと化粧水と鏡を置いておくことにしました。

朝起きたらまず最初に、化粧水をコットンにつけて顔を優しくふく。

これは別に拭き取り用の化粧品を使っているというわけではありません。

普段、水洗顔なら水でよくない?と思われるかもしれませんが、水は保存料が入っていないため腐りやすいのです。

その部屋から出たくないのに毎日水を組みに行っていては本末転倒なので、保存料の入っている化粧水を使います。

コットンを使うっていうところはコスパが悪いかもしれませんが、とてもストレスフリーです!

クレンジングはビフェスタうる落ち水クレンジングを使うと部屋に居ながらにしてメイクをしっかり落とすことができるのでお気に入り。

顔に毎日摩擦をかけるのは肌に悪そうじゃない?

わたしもそう思っていたし、実際に圧力をかけすぎると悪いことがたくさんあると思っています。

しかし以前、専門薬局の現場で肌を研究している先生にお話を聞いた時に「専門医の中には摩擦が悪い悪いという人が多いけど、多少の摩擦で肌の血行が促進されて肌はきれいになるんですよ」とおっしゃっていました。

実際にそこで処方している化粧水をつけたコットンで肌を撫でるという方法で使って肌がきれいになった患者さんを何人も見てきているとか。

正直にいうとそれでも肌に摩擦をかけるのはあまり良くないと今も思っているけど、この先生の話を聞いてやさしく拭くならいいかなと思ったんです。

朝マスクとかじゃダメなの?

洗顔も保湿もワンストップでできるという、サボリーノの朝マスクは以前使用したことがあります。

コレは夏でもめっちゃ冷たくて目が覚めるすぐれものです。つまり冬に使ったら死んでしまいそうですw

コットン洗顔生活を1年以上続けた感想

メリットに感じたこと

もちろん、寒い部屋で冷たい水で洗顔をしなくていいというメリットは有りますが、他にも色々といいことがありました!

①一つの場所で全て完結

メイクアップ用品も一緒に置くようにした結果、

朝の洗顔→保湿→日焼け止め→メイクアップ→クレンジング→保湿

一つの場所で終わるので、省スペースかつ楽!

朝の準備で家の中を慌ただしく駆け回ったり、どれか一つ忘れちゃったりしない!

②タオル不足解消

洗顔後は必ず洗った清潔なタオルを使っていたので、1日に少なくとも2つのタオルが洗濯カゴ行きになります。

雨の日だと深刻なタオル不足に見舞われることも…

今はコットンを使っているのでその心配がなくなりました。

(タオルの洗浄にかかる洗剤代と電気代VSコットン代だと、コットンのが高そうだけど断然こっちのが楽でした)

③肌の様子をちゃんと見るようになった

洗面所では自分と鏡の間に洗面台があるのでどうしても細かいところまでチェックが出来ません。

でもドレッサーで間近に鏡を見ながらだと、毎日の自分の肌の変化がよく見えます

④メイクがきちんと落とせるようになった

洗面所の照明が少し暗かったの、以前はメイクが落としきれてなくても気づかず、ドレッサーの鏡で「ぜんぜん取れてない?!」と焦ることもありました。

オイルクレンジングでバッと塗ってバシャバシャと水で洗っていたのに、案外きちんとメイクが落とせないんですよね…

洗っているときは目にオイルが入らないように目をつむっているし、洗い終えて「残ってる…!」と思ってまたオイルや石鹸をつけて洗うのも肌の負担になりそうで嫌でした。

また、コットンを使うと細かいところまでしっかりとメイクを落とすことができます。

クレンジングの際は目のキワのアイシャドウやマスカラも残さずちゃんと落とせるようになりました✨

よくなかったところ

①コットンを買うのが面倒

今までは水とタオルだけだったのでお洗濯さえすれば永遠に…って感じでしたが、消費するものが増えるのは結構面倒です。

よくストックがなくなって困ります。とはいえ今の方法が楽すぎるので、今度まとめ買いをするつもりです!

②ビフェスタのクレンジングがまずい

これでクレンジングした後に飲食をしたり口についた何かをペロッとしたりすると、苦い味がして「やっちまった〜」という気持ちになります!

でも逆に言えばいやなところはここくらいです。笑

寒がり女子は無理をしない!

寒さに勇敢に対抗するのではなく、潔く寒さの価値を認めて楽な道を突き進んでいきます。

こういう毎日の習慣って、長年同じことをしていると思考が固定されてしまい、他の方法を考えるという発想すらなく、地味に悩み続けるということがありませんか?

この方法に変えて肌トラブルが勃発したとか全然ないので、わたしはしばらくこのままでいようと思います。