NUXEのプロディジューオイルの使い道多すぎてコスパ良すぎな件

NUXE プロディジューオイル

ヨーロッパで30年愛されるマルチオイル

こんにちは!

そろそろ春かと思いきやまだまだしっかり保湿が必須な日々ですね…!!

2月は寒さも乾燥も一番ひどい時期で(少なくともわたしはそう感じている)、最近はオイル配合のスキンケアに頼りたくなります。

そこで今日紹介するのがNUXE(ニュクス)のプロディジューオイル

顔だけでなく髪にもボディにも使えるオイルです。

結構前から何度かバズっていますよね。

香りがとてもいいということで、マルチに使えるオイルなのに香りもいいなんて一石何鳥なんでしょうか..!

ちょうど香りモノとオイルを買いたいと思っていたわたしの心にぴったりフィットしたのでした。

NUXE プロディジューオイル レビュー
香水瓶のようなフォルム、シンプルなデザインで置いておいても絵になります♡

NUXEはパリを代表するナチュラルコスメブランド。

このオイルも全成分の98%が天然由来成分だそうです。

プロディジューオイルは1991年に仕事をしながら子育てをしていたオーナーであるアリザ・ジャベスさんが、忙しい女性のために作ったアイテムだそうです。(参考: NUXE公式サイト

1991年ということは30年以上も愛されているアイテム。信頼感が増しますね。

サイズ

NUXE プロディジューオイル レビュー

わたしが購入したのは50mlのボトル。

100mlボトルもありますが、香りモノなのでまずは50mlから試すのがおすすめです。

50mlもかなり容量あるので結構長く使えそう!

NUXE プロディジューオイル レビュー

期間限定のミニセットには10mlの小瓶がつくこともあるそうなので、それを狙ってもよさそうです。

ちなみに公式価格だと50mlは税込3300円、100mlは5610円です。

公式サイトに携帯に便利なサイズって書いてあるけど、50mlでも持ち運ぶにはちょっと大きい&重い印象です。

アジア系よりも身体が大きめなヨーロッパやアフリカ系の方々なら小さくて持ち運びやすい!って思うサイズ感なのでしょうか…?

プロディジューオイルについて

1.サラッとしたテクスチャが気軽でいい

NUXE プロディジューオイル レビュー
手のひらに薄く伸ばした様子

オイルというものの、サラッとしていてすぐに肌になじんでべたつきません。

肌に塗ると見た目ではマットなつやが出ますが、触るとサラサラとしています。(このマットなツヤもすきです)

塗った後の手を洗う必要もないから、わたしはリビングの目につく場所に置いて気軽に使っています!

2.顔、体、髪、香水にとマルチに使える

NUXE プロディジューオイル レビュー
オリーブオイルっぽい色は液体の色。

顔にも体にも髪にも使えるバランスの良いテクスチャ+香水のような優雅な香り。

具体的な使い方は記事の後半でまとめます。

3.スプレーが気軽

NUXE プロディジューオイル レビュー

スプレータイプなので、ふたを開けて直接注ぐタイプやスポイトタイプとちがい手間がかからず、塗った後だけでなく塗る前も楽です。

NUXE プロディジューオイル レビュー

これは鏡に向かってワンプッシュした時の写真です。直径4センチくらいの広がり方だったのでそんなにたくさんドバっと出ないことが分かると思います。

あとしぶきが結構飛んでいるのでサラッとしたテクスチャであることも分かりやすいかも。

ワンプッシュすると上の写真の囲った範囲がオイリーな状態に。そこから伸ばしていくとサラッと肌になじんでいきます。

一回分で扱いやすい量が出てきてくれて本当にありがたいです。

他のメーカーのものでは、スプレーじゃなかったのでこぼしたり出し過ぎたり、スプレー式なのに出すぎるな..と感じるものがあったので、この「出てくる量の調整がなされている」ことに感動です…!!便利!!

ただし公式サイトに「50mlサイズがスプレータイプとなり」という文言があり、リニューアル前はフタから直接注ぐタイプだったようです。

アマゾンや楽天で買える並行輸入品だとリニューアル前のスプレーでないタイプが売っているかもしれないので、スプレータイプを希望する方は注意してくださいね。

4.7種類の植物オイル配合

プロディジューオイルにはツバキ、アルガン、ルリジサ、マカデミア、カメリア、ヘーゼルナッツ、アーモンドの7種のオイルが配合されています。

それぞれに素肌へのなじみやすさがあったり、肌の張りやツヤを維持する役割があったり、ビタミンEなどが含まれていたり、肌に栄養を供給したり乾燥や老化から守ってくれるたりそうです。

プロディジューオイルの使い方いろいろ

NUXE プロディジューオイル レビュー

顔に

導入液や美容液として

公式には化粧水前の導入液として、もしくは化粧水の後の美容液として使えると書いてあります。

しかしこのオイルは香水として使えるくらい香りが強いので、ワンプッシュを全顔に使うと香りに酔ってしまいそうなので、手に出した後にほんの少しだけを薄くスタンプのように乗せています。

香りの強さに関してですが、ヨーロッパや北米では日本に比べるとかなり香水が普及しており、このくらいの強い香りに需要があるのでしょうね。(アメリカでもわたしからすると香りがきついと感じるものが多いです)

話がそれますが、空気や気候の違いで香りは左右されるので日本の気候だと強く香ってしまうのかもしれません。

ヨーロッパで嗅いでいいなと思った香水が、日本だと違う香りに感じることもあるそうです。

髪に

ヘアオイルとして

わたしは、髪を巻いた後にヘアオイルのようになじませる使い方をすることが多いです。

髪を巻いてないときも出かける前に香水としてなじませています。

ヘアパックとして

ヨーロッパの公式サイト には週に1,2回、髪にこのオイルを塗って10分間置いてからシャンプーをするというヘアマスクのように使う方法も書いてありました。

実際やってみると、まず何プッシュしてもオイルがサラサラだから髪にスッとなじんでいくことに驚き、10分以上置いてからシャンプーをしたら….とぅるんとぅるんになると思ったんです、オイルだから。

結果は…いつもより髪がサラサラに!指どおりが良くてすいても全然ひっかからない!

このあたりは髪質によって結果が異なると思いますが、やる価値はあると思いました!

身体に

手や指に

全身に使えるようですが、わたしの場合は手に塗ることが多いです。特に爪周りはオイルが効きますよね。

サラッとすぐ乾いて後の作業に影響しないので爪や指にも気軽に塗れます。

ストレッチマーク軽減に

ヨーロッパの公式サイトには、ストレッチマークを軽減する効果もあると書いてありました。

香水として使う時は髪の時以外は首か手首につけています。

バスオイルとして

左は入れる前、右は入れた後。暗くてよくわからないな。。

日本の公式サイトにはお風呂にオイルを入れる方法が紹介されていました。

実際にお風呂のお湯16リットルに20プッシュでしてみたところ、香りは感じなられなかったんですよね。オイルが足りなかったかな。白くにごったお湯になるはずだったけど濁ってないから足りなかったのかも。。

でも保湿効果の方はありました!

お風呂から出た後、全身がに化粧下地を塗ったみたいにしっかりマットな感じで潤っていてびっくり。

オイルをお風呂に入れるなんて自分では思いつかなかったけど、手軽だしこれいいな~!

98%が天然由来成分で出来ているオイルだからこそ、お風呂に入れることもできるんですね。

プロディジューオイルの香りって?

NUXE プロディジューオイル レビュー
ふたのレリーフもいい感じ

暖かい香り…?

香りがいいという口コミがたくさんあるように、このオイルにはこだわりの香りづけがされています。

ここ気になる方多いと思います!香りは人によって合う合わないが激しいですもんね…!

ヨーロッパの公式サイトによると「オレンジブロッサム、マグノリア、バニラ」の香りだそう。マグノリアはお花の名前です。

とりあえずわたしは大好きな香りでした。

ふわっと香るたびに優雅でとろけるような気持ちに。

甘さはあるけど甘ったるくない

バニラが入っているので甘さもありますがオレンジブロッサムやマグノリアのフルーティーさがあるからか、バニラの香りの香水が苦手なわたしでも問題ありませんでした。

(一応書いておくと、わたしはフルーティー系やお茶系のさっぱりした香りを好んでおり、バニラやグルマンなどのお菓子みたいな甘い香りと紳士服売り場のスエードが苦手です。)

とりあえず、デパコス売り場の各店舗の香水が主張するようなキーンと激しい甘ったるさはありません。

ヨーロッパ公式の文章を訳してみると、この香りは「太陽の暖かさに満ちた官能的な砂浜を思い起こさせるような香り」だそうです。

砂浜…!? とりあえず砂浜要素はわたしは全く感じないのですが、確かに「暖かみ」のある香りだとは思います。

官能的と言っていいのか分かりませんが、これも確かに少女のような無垢さというよりも優雅な大人の女性を思い浮かべるような香りです。

でも気品があってツンと完ぺきな女性よりも窓際で外を見ながらうふふってリラックスしている女性のイメージ。

こういう人は苦手かも

温かみがあってほんのりフルーティーさと甘さが混じったような香りなので、ウッディ系や爽やか系、シャボン系を好む方は苦手かもしれません。

プロディジューオイルの香りは、塗った後も香水のように持続するので買う前にご自身に合うか考えてみることをおすすめします!

もう1つの香り

ちなみに2つ香りがあったほうが選ぶ楽しさがあるのでは?という感じで香り違いも出ていました。(プロディジューフローラルオイルというらしい)

マグノリアをメインに、トップノートはシトラス、ラストノートはムスクが香るそうです。

これだけ読むとプロディジューオイルよりもフローラルオイルの方が香りが爽やかそうですね。

使ってみて気になった点

NUXE プロディジューオイル レビュー

香りが強い

わたしはこの香りが好きなので長時間持つのはいいところともとらえていますが、オイルなので香りの持続性も高く、日本だとTPOを選ぶと思います。

また、量を間違って多めにつけてしまうとその日は一日中香りに酔ってしまう可能性もあると思います。

溜まる?もれる?

写真の丸を付けた部分(逆側も)にうっすらですがオイルが溜まってしまいます。

スプレー口から垂れてきたオイルだと思いますが(もしくはもれている?)、誤って服などにつかないか不安になります。なにせオイルだもんね…!


オイルのテクスチャや保湿感は文句なしで、香りはすごく気に入りました!

ヘアオイルとしても使いやすいので大変いい買い物をしたな~と思っています。

香水を買うつもりで買ったのにまさかこんなに色々使えて良コスパだとは、、

コロナでメイクをする機会が減りましたが、このオイルは家でも毎日楽しめるしね…!

最後まで読んでくださりありがとうございました!