韓国コスメレポはこちら💖

靴が一生合わない呪いが解けた…KiBERAで足のサイズを測ってきた

わたしkurakeには、ずっと悲しく思っていたことがあったんです。

「世の中の女性はみんなかんわいいハイヒールを履いているのに私はなぜ履けないの?

あのかわいい靴はわたしの皮膚をえぐり、流血させる凶器になるのはなんで

てゆうか絶対にカカトんとこカパカパなるんだけど!

この仕様、なんかミスってない!?最早かかとのパーツの存在意義なくね!?」と…(うるさい)

しかし、Perfumeの3人ですら衣装の靴にインソールなどを切り貼りして痛みを堪えつつダンスをしていると聞いてしばらくはインソールや痛み緩和グッズを使っていました

それでも痛いから結局スニーカーが多くなってしまうのだけど…。

必然的なパンプス購入は、ある日突然に。

パンプスは、足が疲れるし、痛くて履きづらいし、わたしは低身長でもないので履かなくても困らない。かわいいけど正直デメリットの方が多いので敬遠していました。

でもかわいい系の服を着る時はパンプスが良いし、いつか買おう!と思いつつも、行動することが出来ていませんでした。

ところが結婚式に招待され、パンプスを買わなくてはならぬ状況に…!

オーダーなら間違いないっしょ

自分の靴に完全フィットするパンプスなら間違いないんじゃ…?もう大人だしオーダーして一生その靴をはこう!

と思って調べてみたものの、靴職人さんの工房でお願いすると安くても50,000円、普通に80,000円〜かかるそうで、「ルブタンかよ」と思いました。

(逆にオーダーでもないのに同じ値段ってルブタンが高いことがよくわかりますね。)

ところが『セミオーダーなら…10,000円前後でいけるよ♡』という店を見つけました。

KiBERAというお店なんですけどっ!

キベラ…木べら?なぜ??と思いませんか?

『キビラ』って読むそうです。(KiRAKiRA BEAUTYの文字を入れ替えたりしてKIBERAらしい)

セミオーダーという新しい選択肢

キビラの店舗では、何百万円もするという医療用3D計測器を使って脚の計測をしてくれるのですが、人間が計測するよりも正確に測ることが出来るのでこのマシンを導入しているらしいです。

ここで得られたデータをもとに日本の靴工場の職人さんがオーダーメイドで仕上げ、後日家に配送されるそうです。

これで1万円前後しかかからないというのだからすごいことですよね…

ニーズ分かっていすぎて、私のこと見ていたの?って感じです。

創業者の方は元々ユニクロで働いており、靴の返品率が高かったり、自分の足に合う靴がないという女性の声をよく聞いていたり…という経験があったのでこのビジネスをやろうと思ったのだそう。いい人や・・

ちなみに、近くに店舗ないんですけど!っていう方は、アプリで計測して注文ができるそうです。(難しそうな印象だけど、店で合わない靴を買ってしまうリスクを考えるとこっちのほうがまだマシなのかな?)

色々迷ってやはりキビラにした。

とはいえ、KiBERAの靴のデザインはよく言えばシンプル、悪く言えばデザイン性はありません。

ダサくはないんだけど、ターゲットがそれなりに年上の女性だから?オーダーメイドだからか?わからないのだけど、落ち着いた色しかないんです。

だから、百貨店でシューフィッターに見てもらおうかとも思ったのですが(百貨店の靴や服ってデザイン凝ってますよね…♡)、このページを見て絶対にキビラにしようと思いました。

うちの靴はくと、姿勢がよく見えるよ!って言っているのですが、猫背で残念な姿勢なわたしホイホイでした。

飛び込みでも足のサイズを測ってもらうことは出来るそうなのですが、予約をすれば待ち時間がないとのことで、最寄りのキビラで公式サイトのフォームから予約しました。

(実際、平日の真昼間なのに小さい店内は十分な人数の人がいたので、予約してよかったと思う。)

測るだけ測って、すぐ買わなくてもOK

キビラに着きました!私の想像よりもこじんまりしています。

 

なぜなら、ここは計測をしたり靴の形や生地を見るためだけの場所なので、お店じゃないからですねそうですね、オーダーのシステムを忘れていた…!

実際、わたしは計測の予約をしたものの履く予定があるのはまだ先の話だったので「今日買わなくてもいいですか?」って聞いたら、全然OKとのことでした。

ちなみにいざ靴を買いたい!という時はお店にきて注文してもいいし、ネットで注文してもOKだそうです。

店の片隅にあるこのマシーンに、店員さんの指示を聞いて片足ずつ足を入れていきます。

計測が終わって座って待っていると、5分もたたないうちに店員さんが印刷された計測結果を持って説明をしてくれます。

いくつか驚愕な事実がわかったので、ここからは分かりやすく店員さんの説明を整理してみました。

:普段は23.5cmの靴を選んでいます☆

店員さん:左が23.1cmで右に至っては22.9cmという計測結果が出ております…!

23.5どころか23cmもない!?!?!?!?!?

どうりで買う靴買う靴若干どころか結構な空洞が出来ている気がしたよ…

でもメーカーに寄っては23.5がピッタリだということもあったので、これでいいのだという呪縛にとらわれていたのでしょう…思い込みこわ。

:足幅が広いのか甲が高いのか、パンプスやミュールが甲にくいこむんです。

店員さん:そのあたりのサイズは広いわけでも高いわけでもないどころか、少し小さいくらいですね。市販の靴は前に滑りやすい形のものが多いので、おそらく足が自然に前のめって食い込んでしまうのだと思います。

な〜るほど、とはいえまだ市販の靴しかはいたことないからこの説明がしっくりこないなあ。オーダーシューズに乞うご期待!

:カカトがいつもすれて傷ができているのですがなぜでしょう…

店員さん:お客様の踵幅(かかとはば)は一般的な足よりも小さく細いことがわかりました。市販の靴だと絶対にパカパカしてしまうサイズ感です…!

どうりでかかと以外はぴったりな靴がなぜか血だらけになるわけだ。カカトの幅のせいだったんか〜い!

ん??これってもう市販の靴買えないってことじゃ??

私の足のサイズに合いそうなサンプルを履いてみる

5cmくらいの高さのヒールを買いたいと思っていたのですが、お店にわたしのサイズに近いサンプルがなかったようで、7.5cmの高さのヒールを持ってきてくれる店員さん。

 

7.5って!こ、こんな「THEハイヒール♡」みたいなパンプス履いたことないや!履けるかな?ドキドキ!みたいな気持ちで試しました。

ヒールの甲のところが、くいこみもせず足の甲にやさしく吸い付いてくる

かかとのところが、ちゃんとかかとを抱きしめて離さない…歩いても離さない

靴が脚全体をしっかりと抱きしめてくれている感じ(大げさじゃなくこの表現が的確)

感動しながらトコトコ歩いていました。何ならそのへんのスニーカーよりも快適。

 

そこで店員さん。「つま先立ち歩きはできますか??」

つま先立ち歩きをしてもかかとから靴が離脱していないのを見て、店員さんも本当にこれで良さそうだと情報を紙に書いてくれました。

感動しすぎて「やっぱ今日買います、これ持って帰ります、抱いて眠る。」って言いたかった。

でもオーダーメイドなので、後日自分の好きな色で作ってもらい、郵送で受取ります。

 

ヒールの高さどうしよ〜〜〜✨✨✨二足目も欲しい〜〜〜〜???

一旦測ったら、あとはもう店に行かなくてもいつでもネットでオーダーできるのが良いですね。 まさに、ぜったいに失敗しない靴の通販!!!

とはいえまだ実物は届いていないし、一旦良いと思っても長時間歩くと痛いっていう靴もあるじゃないですか?

だから総評は靴が届いて一定期間歩いたら!にします!

でも足を測るだけでこれだけ色々な大切なことを知れたので、本当に良かったです❤

店員さんはとても若い方でしたが、親切な良い方でした!

 

おまけ☆パンプス以外の形の靴もありました