韓国コスメレポはこちら💖

この3ヵ月間私のうるモチなお肌を作り続けた2つのスキンケアアイテム

2月17日からガッツリ3ヵ月使っていたスキンケアアイテムが2つありまして。

それらがこの3ヶ月間、しっかりと私の顔をうるつやキープしてくれているので、ご紹介することにしました?❤

“粉吹きババア”なるものになったか…!?

こんにちは、kurake(@kurakurakurake)です!

もう”若い”とは言い難いお年頃になってきて25歳を超えたあたりから突然、顔が粉を吹くようになったんですよ…。

顔が粉を吹くというのは、顔の乾燥がひどいとか、古い肌がすぐにはがれないとか、強い肌がちゃんと作られないとかの理由で、顔の皮がめくれて白く粉のようになっている状態です。

良品として有名な”ソンバーユ(馬油)”やナチュリエ  の”ハトムギ保湿ジェル”、薬用の”ヘパソフト”も使用していたのですが、一向に良くならない…

元々冬はここ数年、たまに粉を吹くことがあったのですが、最近は粉吹いている方が通常運転みたいになっててw(全く笑えない)

すごい安い化粧水と美容液で解決するとは

そんな時に出会ったのが↓この2つのスキンケアアイテムです。

 

①菊正宗 スキンケアローション ハイモイスト(税込み 907円)

②無印良品 敏感肌用 薬用美白美容液(税込み 1390円)

です。

どんな商品?

菊正宗のスキンケアローションは500ml入りのかなり大容量のボトル入り化粧水です。

500mlペットボトルが洗面所においてあると想像すると結構でかいなということが分かるかも。

シャンプーみたいな形状のボトルなのですが、力を調節しないと遠くの方に「ビャッ」と直線的に液が飛ぶことだけが難点ですw

ちなみに、またの名を”うるおう日本酒の化粧水”高保湿といいます。

↑表と裏で書いてある名称がちがうんですよね;

私が使っているのはピンクの高保湿タイプですが、白いのボトルのレギュラータイプもあります

テクスチャーは”少しとろみのある化粧水”です。日本酒の成分から作られていますが、日本酒の香りは手に取って顔につけた最初の1秒くらいだけで、すぐに揮発して消えます。

無印の薬用美白美容液は、50mlのポンプ型。乳液っぽいテクスチャーです。

敏感肌と謳っているように、肌に刺激となる成分があまり入っていないそうです。

香りもなし!ベタつきもなし!すげえ使いやすいオーソドックスさです❤

 

 

買おうと思ったきっかけは

菊正宗のスキンケアシリーズについては数年前から知っていました。

っていうか発売されたばかりの時にわたしはこのシリーズのクレンジングを買ったんです。

でもそれが自分の中であまり使い心地がよろしくなくて、こっちの化粧水がどんなに有名になっても触れずにいました…

ところが肌荒れが酷くて困っていた時にちょうど母が持っていた、LDK the beautyを貸してもらったんです。

その別冊付録の化粧品のことをまとめた小冊子に、この化粧水の成分が性能もめちゃくちゃいいと書いてあり、すぐに近くのドラッグストアにかけていったのでした。

入っている保湿成分についての科学的な目線でのコメントに、流石に心を揺さぶられました‼笑

無印良品の美白美容液も、この雑誌で紹介されていて知ったものです。
シミ測定器で一定期間使用した肌を測定していたのですが、検査結果では1400円という安さなのにちゃんとシミが減っていたんです…?‼
お手軽に試せるしと、もともとは保湿目的というより美白の目的で購入していたのです。
ちなみに2品ともLDKのベストコスメアワードを受賞していました!

まさに”うるもち”

わたしはいつも、洗顔後やお風呂上がりに菊正宗の化粧水をつけてから無印の美容液を塗っていますが、そうすることで肌がまさに”うるもち”という感じになり、私の心に安心感が生まれます。

しかも”今日は調子悪いなあ”みたいなのがなくて、いつもちゃんと潤ってくれるからすごく信用できます。

菊正宗だけでも異常な威力を発揮しますが、ここまでだと”もち”だけ。無印を上からさらに塗ることで”うる”が足されるようなイメージです✨

肌にとどまろうとする

 あくまでも私の感想ですが、菊正宗とこれまで使った化粧水の違いは、”肌にとどまろうとする力が強い”ことだと思います。
これまでは「あれ?今化粧水塗ったよね?なんでまだ1秒後なのに既にカサカサしてるんですかね?」みたいなことがデフォルトだったけど、それがなくなりました。
たくさんつければちょっとヌルっとするくらい肌表面に居座りつつ中にも浸透する。
これまで使った化粧水は、肌表面だけはべショベショになったとしても、化粧水と肌の間にビニールでも挟んでいるんじゃないかと思うくらい浸透しないこともありました。
浸透しないとなると、表面の化粧水が乾いたらすぐに肌は元のカッサカサ状態に戻ります;
菊正宗はそれ自体が導入液っぽい。
勝手に浸透しているので、必ずやっていたあたためハンドプレスとかも全然しなくなりました。
無印も菊正宗と似た特徴を持っています。
乳液っぽいけど、つけたときにオイルを塗っている感じがして、お肌表面がスゴイうるうる(語彙力)になるのだけど、時間が経つごとに肌の中にちゃんと吸収されていくかんじです。

べたつく気が一切ない無印の美白用美容液

また、無印の美容液はお肌が美容液を吸収し終わっても、肌がベトベトすることがないのもたいへん気に入っています!

その点、菊正宗だけだと若干ペトペトするかも。
美容液などで顔がベトベトしたまま活動したりベッドに入ったりすると、顔に髪が張り付いてすごいストレスなんです。
あとかゆくなるからそれも嫌。
そういう意味でもこの2つはいいタッグですね!

ベトつかないうるモチ肌よこれからも…

わたしが使ったのは2月〜5月の、肌が乾燥しがち&揺らぎがちな時期でしたが、この2つのおかげで、肌のコンディションもそれに伴う心のコンディションも安定していました☺✨

逆にこれからの湿気が多い季節は肌が油っこくなる季節なので、ちょっと感じ方は変わるのかも…?

しばらく使い続けて様子を見ようと思います。

わたしはスキンケアジプシーを5年くらいはしていたので、この2つの商品には出会えて良かったです。

うるもちうるもちとばっか言って完全に忘れていましたが、無印の美白美容液は大きなシミに塗り込みまくっているので、いつか美白効果が出るのも楽しみにしています❤