2020年下半期ベストコスメをまとめました!

上半期ベスコスの時に「続かなさそう」と書きましたが…少なくとも下半期には続きました!(レベルが低いッ)

上半期と同じく、ベスコスっていう言葉が市民権を得ているからそう表現しているけど、”下半期に私が特に気に入ったコスメ”的な気持ちで書きます。

今回も限定品と最近買ったばかりのもの抜きです!

上半期は14個って選びすぎだろと思ったのに結局今回も12個になってしまった。笑

パンデミックのせいでアイテムに偏りがありますが(今回口紅なし)もしよかったら見てください!

1.スキンケア編

LANEIGE /リップスリーピングマスク

LANEIGEリップスリーピングマスク
手のひらにずっしり大きめサイズだよ

知る人ぞ知るしもう今回のベスコスにも既に何名の方が入れていたか分からないので何番煎じになりますが。

寝る前~朝起きるまで潤いキープしてくれるリップバームになかなか出会えなくて、もうお手上げ状態だったわたし…。

朝起きた時に自分の唇が皮むけしているのはしょうがないことなのかな…?と諦めていた時期もありました。

そんな時に出会ったのがこれのサンプル。3gとかだったと思うけど1か月以上はしっかり使えたと思います。そしてこれをつけてから朝起きると唇が…無傷!バリバリに皮がめくれていたのは夢だったのかと思うほど。

夜塗ってから寝て、朝起きた時点でまだ少しねっとりしているレベル。もっと早く個別にレビュー書きたかったのですがまたベスコスに追いつかれてしまった…;

スキンケアはその他新規のものはあまり買ってないorまだ効果を感じていないものばかりなので今回これだけです!

店頭で北米限定のグミベアの香りの虜になってしまったがために、わたしはセフォラで$26で買いましたが、アマゾン等では1300円位で買えるようです。

ちなみにグミベアはグレープグミのような香りです~!

2.ベースメイク編

MAC /ミネラライズスキンフィニッシュ(ライトスカペード)

これも言わずと知れた名品。ハイライターなんだけど控えめなので日本でも人気なのでしょうね…!

わたしはファンデの上からフェイスパウダーとして使っているのでベースアイテム的にファンデと一緒にしまっています。

ぺカッと光の板のようになるわけでもないしジュワ~と光るわけでもないんだけど、これをサッと塗るだけでも一気に健康的な肌になるんですよね。

ゴージャスなツヤよりも骨格のメリハリを強調することよりも大事なのは健康的に見えるかどうかだと思っているのだけど、これを塗ると生き生きとして見える。

わたしも出かけられず狭い範囲で生きていたしマスクもあるので常にフルメイクをすることは減り、ファンデなしでこれを直接おでこや眉上にサッと塗っていました。

勿論ガッツリメイクの日もこれはつかえます。ガッツリの時はちょっと光が弱く感じるので何度も重ねづけしています。どんな濃さのメイクにも合うの優秀!

日本の公式サイトでは税込4620円でした。

Charlotte Tilbury / Airbrush flawless(3)

現品はまだ使ってないけど、ずっとミニサイズを使用していていつかなくなる日が来ると思うと怖くなってきたので(そのくらい好きになった)現品を購入しました!

セフォラでもらったミニサイズ。小さいのにポンプ式なんだよ。

わたしここ数年すごく肌が乾燥しているので相性の悪いファンデだと仕上がりが汚くなってしまうんですよね…;

でもこれは「さすが大人の肌を分かってる~!」というかんじで、カサカサしたところカサカサしていないところと同じようにフラットに整えてくれます。(も、もちろんどこもカサカサしてないほうが仕上がりはもっと美しくなると思いますが)

しかもしっかりとカバー力あるのに軽くてビビる。米粒大がこんなに伸びるか!?ってくらい伸びるんです…!

サンプルの4は使えないことはないけど若干私の肌には暗く感じたので、現品は3を買いました!

わたしはアメリカのデパートにて44USDで買いましたが、cult beautyでは£34.00で売っています。

Charlotte Tilbury Airbrush flawless
created by Rinker

e.l.f. / HDリフティングコンシーラー(FAIR)

かの有名なDiorのコンシーラーもよかったしここに入れるか迷った、けど選ばれたのはe.l.f.でした。(Diorは塗り広げるとちょっとカバー力が惜しい感じでした。広い範囲を隠すのにはよいけども。)

実はわたし結構コンシーラーを集めていて、10本以上はあるのですがその中でもelfのこれを使うと失敗しづらいな…!と使うたびに思っていました。

重ねても厚塗り感ないし、ボソボソと汚くもならないし、それでいて薄さとカバー力を兼ね備えておるとは何事。あと値段がいい意味でぶっ飛んでる。

気になる点と言えばフタの設計が、4回転くらいしないと開かないところくらいかな。毎回めっちゃクルクルしないとたどり着けない。笑

アプリケーターは普通のモケモケのやつです。

iherbで600円以内で買えます!

2.フェイス編

peripera / Ink V-shading(#2)

じつは買うつもりなかったのに誤クリックで買ってしまい、「まあとりあえず使ってみるか…」と棚ぼたメリットを享受したこのアイテム。

ずっと前から「力加減をしなくてもデーモン小暮化しないシェーディング」が欲しくて(特に自然に仕上がるノーズシェーディングはマジでない)、でもなかなか見つからなくていつも細心の注意を払いながら顎やノーズをシェーディングしていました。

が!これは肌より数トーンだけ濃くてほわわんとした輪郭で影が足せるので不自然にならないです!もう手放せない。薄くてかさばらないところも最高だよ。しかも安いんだよ。

ブルべ用もあるところも神ですね。

MAC / グロープレイブラッシュ

持っている色はザッツピーチィとチーキーデビルです。すでに2つあるのに他の色も買い足したいと思うくらい気に入っています~!

チーキーは人によってはベースかなり白くしないと色が薄すぎて中々発色しないかも。

特にマスク生活でパウダーよりも密着するテクスチャーのチークを使いたいと思うようになって、出番が多くなりました。

クリーム系だから頬に密着するのだけど、これはベトベトネトネトしない。むしろ塗った後はサラッとするところがすき。

クリーム系のチークって結構きつく色づいて調整が難しいものもありますが、ふんわり質感なので色づきが濃すぎないところもよきです。

透明パケもかわいいし色分かりやすいし気に入ってる…!

MACは他にも気に入っているものあるのでこれからもっと紹介していきたいです!

日本では一つ税込¥3,850円で買えます。

Sugar rush / beach cheeks (ocean girl)

Sugar rushは米国のコスメブランド、天然素材を使った人体や環境に配慮したコスメで有名なTarteの姉妹ブランドです。

さっきのMACのやつはファンデとともに使っていましたが、こっちはもっとリラックスるしている日に、日焼け止めの上から塗っていました。

親しい友達の家に行ってダラダラしたり、30分以内で食事を済ませてサッと帰ったりみたいな、そういう「フルメイクするほどではないけどマスクとるから血色感は欲しい!」ってときにこれは活躍していました。

シアーで結構しっかり重ねて上のようになります。鏡見なくてもぬれるレベル。

くすんだ色とシアー感がほぼすっぴん肌でも浮かないし、健康的で自然な血色感を与えてくれます。(個人的にこのナチュラルさってめっちゃアメリカのティーンっぽいなあと思う)

変な香料も入ってないし、色つき過ぎないし、ナチュラルメイクの時にサッと適当に使えるので活躍しました!

公式サイトで$20でした。Tarteは日本にも送るようになったそうですね。

3.アイメイク編

Tarte / Busy gal brow (medium brown)

前からあったけど今年より活躍したなあ枠のやつです。眉マスカラみたいなアイテムだけど、これ1つで眉毛にも地肌にも色が乗ります

小指の爪くらいの小さくシンプルなスクリューブラシがついてるだけなんだけど、眉尻も描けるし眉毛がない部分もこれで埋められる

リキッドだけどベタぁーっと不自然に面で色がついてしまうこともなく不思議なアイテムです。

勿論眉ペンシルで精細に描いたかんじにはならないけど、自然な眉毛がこれ1本で描けます。(busy galって書いてあるし)

遠出しないからナチュラルメイクの日が増えた→しっかり眉だとナチュラルメイクから浮く→これの仕上がりが最適だし楽!すぐ完成!

みたいな感じで活躍していました!日本にも似たようなアイテムはあるのかな?私が見たことないだけ?

公式サイトで$22でした。

資生堂 / マスカラコーム207

マスカラをした後にまつ毛とまつ毛をセパレートする用途なのはもちろんだけど、私のまつ毛の毛質がか細くて自ら力強くたたずんでいられないので、このコームでちゃんと直してあげないとずっと変な方を向いたまんまなんですよね…。

だからこれがないと情緒不安定になるので、ブラシホルダーの中でもすぐ見つかるように装飾用テープを無理やり貼り付けました。

何度か失くした時絶望的で、しかもこれアメリカで気軽に買えないからさ…(そもそも売ってんのか?)もう見た目がダサいとかかまってられなかったんです笑

これは日本に行ったときドラストで220円で購入しましたがAmazonの取り扱いない?っぽいですね;

CLINIQUE / プリティイージーリキッドアイライニングペン(01)

去年アメリカのデパートのサブスクで受け取ったまま放置していて今年やっと開封しました。サブスクだからか、実物とはちょっとパッケージが違うみたいです。

黒々とした透けないアイライナーで日本で主流のコシのある筆タイプなので扱いやすいです。肌に貼りついたように落ちないし、皮脂や涙でにじんだり薄くなったりしないし、昼寝してもそこにとどまっている…!

ずっと外にいるときや、長い間メイク直しができないときや、映画鑑賞で泣いてしまいそうなときはクリニークのこれに頼ります。

その代わりオイルクレンジングでクルクルしたくらいでは落ちないです。でもリキッドクレンジング(ポイントリムーバーでさえない)とコットンで落ちるレベル。このほど良さよ!

日本の公式サイトによると、税抜2600円だそうです。

CLIO / プロシングルシャドウG03

これは日本に最後に帰った時に買ったもので、しばらく置いていて夏くらいから使い始めていました。

今更だけどそのときにG10も買ったけど、G03のピンクの色つきの方がかわいくて個性的で気に入っています。

CLIO プロシングルアイシャドウG03
気を取り直して…

ひと塗りでちゃんとラメが肌に移るし、ゴテゴテとやり過ぎ感のないラメだけど光に当たるときれいに反射します。

ベースカラーないのに輝きが強いからか、こんなにピンクっぽく光るよ…!

涙袋によく使うのだけど、これはすぐに密着して粉っぽくないから目の中に入りづらくて使いやすいし安心です!

仕上がり、使いやすさ、質、総合して何かと手が伸びたアイシャドウでした!

私は実店舗で買いましたが、Qoo10で840円で購入できるようです。

MAC / ダズルシャドウリキッド(ダイヤモンドクランブル)

またしてもMAC…SNSで全然MAC紹介しないくせにじつはMACをめっちゃ使ってるマンです…!笑

わたし意外と青ラメ持ってないよな~と思っていたときに、MACアーティストさんのインスタで知った色です。(BLACK PINKコラボでも紹介されてたっぽいですね)

ほんの少し乗せただけで一瞬でアイメイクの主役になるグリッター。

メタリック系のギラギラではないので色々なアイシャドウと合わせやすいと思います!

カラーメイクの組み合わせが思いつかないときに、ニュートラルなマットカラーとこれを合わせればいい感じにカラーメイクできます!

オレンジとのコントラストが良い

韓国コスメ系のシャラシャラしたグリッターとは少し違ってパンチが効いたザリザリのグリッターです。

日本の公式では1つ税込¥3,190でした。


ここまで読んでくださりありがとうございました!

他にもたくさんいいと思うものはありましたが、特に「お、これのここがいいな」と思うポイントがたくさんあったものをピックアップしました。

今年はSNSを通して多くの方々とコスメのお話ができて楽しかったです。わたしは周りにコスメが好きな友達がいないのでとってもうれしいです~!

今このブログを見てくださっている方も、もしよかったら気軽に話しかけてください!(TwitterInstagram

また一年ブログを書けたのは読んでくださる方がいらっしゃるからだと思います。今年も本当にありがとうございました!みなさんの幸せを心から祈っています。