韓国コスメレビューはこちら♥

アイメイクが楽になり幅が広がるecotoolsアイメイクブラシセット

こんにちは~!以前下の記事でアイハーブで買ったecotoolsのメイクブラシが好きになった話を書きました!

もう1セット欲しくなっちゃったEcoToolsのメイクブラシについて

惚れ込んでしまった私は、その後3セット+1本のエコツールズのブラシを追加したのだった…!

今回はそのうちの1つ、Daily Defined Eye Kit(日々のアイメイクブラシセット)というアイメイク専用のメイクブラシセットとその使い方をご紹介~!

Daily Defined Eye Kit

これも前紹介したStart The Day Beautifully Kit(美しく一日を始めるブラシセット)とおなじく、緑のトレーがついてきます。

メイクブラシ洗う時と乾かすときに活躍しています。このセットは日本からアイハーブで買うと990円!

こんな形の5本の筆がセットになっています!

上から見るとこんな形。

各ブラシでアイシャドウを塗ったときの写真を下に貼りました。

Large Shadow

 

先端がやや細いブラシ。ブラシの密度は濃いけれど、手触りはふわふわ!

エコツールズ公式サイトの動画を見ると、これはアイホールにベースの色を広く乗せるために使うそうです。

実際つかってみると、濃くピンポイントに色がつくのではなくほんわか優しく色が広がります。

こういうの待ってました!アイホール工程がめちゃくちゃ楽になりました。

カラーポップのマット発色よきカラーもムラなくふんわり仕上がる。

Angled Crease

斜めカットで密度濃く、さっきのブラシよりも固め。

上まぶたのメインの色をしっかり塗るときに使います。

これもマストな筆ですね。発色いいシャドウだとかなり色が濃くつくので注意が必要。

Accent Shadow

買ったときから、右側の一部の毛がのり?とかボンド?のようなもので固まっていました。

しかも最初それに気づかず使おうとしていたら、その固い毛が目にささりそうで危なかった…!

言いたくないけどアメリカの製品って「ちゃんと検品してる?」って思うことがよくあります。

使う前にこういうことがないか確認してくださいね。

この接着剤はせっけんとかでは落ちなかったので、クレーム言えば交換してもらえとおもう。

でもそれ自体が面倒だったので危険な部分だけカットして使っています。

ふわっとやわらかい、平筆ほど細くないけど平たい筆

色を塗った上まぶたにラメやパールをトッピングするときにこのブラシを使います。(これは海外のメイクアップ方法でよくある塗り方な気がします)

Detail Liner

平たい細筆です。筆が小さくてかなり細めなので、これでリキッドアイライナーのようなアイラインが引けます。

引っ越してからこれまでたくさんの外国のコスメを観察してきましたが、日本以外の国にリキッドのカラーライナーってあんまりないと気づいたんですよね。韓国コスメですらそこまで出していないのでは?

クレヨン型ペンシル型のアイライナーは多少カラバリあるけど、リキッドはマジでブラック、ブラック、ブラック。たまに濃い青。

カラポが最近頑張っていろいろなアイライナー出していますけど、日本のものに比べるとクオリティが残念な方にけた違い;(ごめん1色しか使ってないけど)

なんでかなと思ったら、欧米の人たちよくカラーライナー引きたいときはアイシャドウブラシに霧吹きで水つけてアイシャドウをライナーにしてるんですよね。

日本人だと目や二重幅が小さすぎてリキッドライナーの筆レベルの繊細な線が引けないと困るのかな?とか日本は筆づくりの文化があるから日本じゃないとリキッドアイライナーは作れないのかな?とかいろいろ考えています。

(カラーのリキッドライナーを探すも全く見つからず日本から送ってもらった当事者は語る)

脱線してすみません。このエコツールズの細筆は、アイライン用としてちゃんと使えました!文句なし~!

最後にこれらの筆を使ったメイク画像を載せておきますね。

Liner Smudge

ふわふわで横から見ると真ん丸の形の小さく細い筆です。

グラデをぼかしたり、まぶたの上でアイシャドウ同士を混ぜたいときに使う筆です。

公式動画では、アイシャドウで引いたアイライナーをぼかしていました。

幅的に涙袋に色を置くこともできます。

ただしほわっとしているので、くっきり色づかせることは難しいです。

個人的にはあってもなくてもいいかなと思っています。

海外の人たちのメイクには必須なのかもしれませんね、みなさんいつもアイシャドウぼかしたり混ぜたりしまくってますよね。

これらの筆を使ってメイクをした

アイシャドウが美しくぼかされているところと、これアイライナー使ってないのにアイライナー使ったみたいになっているところを確認してもらえるとうれしいです。(業務連絡?)

美しく一日を始めるブラシセットとのちがい

ここで以前紹介したStart The Day Beautifully Kit(美しく一日を始めるブラシセット)とのちがいを簡単に見てみましょう。

っていうか基本セットとアイメイクセットなので明確に違うし比較もクソもないですねw

こうしてみると、アイメイクキットがいかに細く小さい子たちなのかよくわかると思います!

これは2つのセットの似たようなアイメイクブラシを並べた画像。

今回のアイメイクセットに入っていた大きいほうのアイホール用ブラシが、この4つの中でも一番大きいです。

時短だしやっぱ大きいほうが塗りやすいとは思うけど、右側の2本でも同じ役目は担えるかなって感じです。

ただしアイライン用の細いブラシは断然アイメイクセットのほうが細くて繊細です!

メイクツールはいくらあってもいいよね

以前韓国のブラシ専門店でアイシャドウブラシを1本購入してからずっと買い足したかったアイメイク用ブラシ。

アイシャドウの形状によっては指やチップで塗ったほうがいいものもあるけど、粉アイシャドウはブラシのほうが塗りやすいですね。

コスメはたくさんあっても使いきれないけど、メイクツールはいくらあってもいいと思って買い足したけど、確かにアイメイクが楽になりました!

あとは筆でアイラインを描くという新しい領域に踏み込むことができました!

毎日メイクをする方にはおすすめです☆

1000円以内だけど、わたしはエコツールズの毛質好きです。(検品はちゃんとしろってかんじだけど)

ここまで読んでくださりありがとうございましたー!

→iherb