韓国コスメレポはこちら💖

アメリカ現地のメイクアップ事情〜アメリカに住むわたしが感じたこと〜

わたしは現在アメリカに住んでいるので、今回は珍しくアメリカに関するトピックを書いてみようと思います。

アメリカというとNARS、クリニーク、ボビーブラウン、メイベリン、レブロンなど日本でも有名なコスメブランド発祥の地であり、メイクアップ先進国というイメージがありました。

現地に来てみて実際どうだったか?アメリカで売っているコスメは日本とどう違うのか?

そんなちょっとしたアメリカのコスメを取り巻くあれこれを綴ってみます。

あくまでもわたしの日常で感じられる範囲でのことであり、わたしの主観です!とある一般人の日常コラムとして読んでいただければ…!笑

アメリカのコスメあるある

1.カラバリが多い

アメリカのみならず英語圏の国々は肌の色が違う人々が集まっていることが多いのもあってか、どのアイテムもカラバリが豊富です。

誰が塗るの?と思うようなブルーの口紅は高確率でカラバリに入っている…笑

一度だけブルーの口紅を塗っている方をバスの中で見て感動してしまいました。

2.コスメを買う前に試せる機会が多い

これは日本で言うデパコスとか対面カウンターで買うようなコスメに限るのですが…

アメリカのコスメは買う前にお試しできる機会が多いです。

セフォラに行ってリキッドファンデを試したいと言えば、小さな容器に何プッシュ分も入れて無料で試させてくれます。

チークやハイライトなどの分けられないようなものは、ミニサイズが安く買えるようになっています

日本ではデパコスを買うたびに失敗しまくっていた私なのですが、このシステムのおかげで高いコスメを買って失敗することがなくなりました。

●関連記事

アメリカ旅行のおみやげに!セフォラでデパコスのミニコスメ買ってって〜 ミニサイズのデパコスを詰めたコフレのようなSephora Favorites

3.ドラッグストアのコスメは試せない

いきなり方向転換してごめんなさい!

日本とは逆でデパコスはめちゃくちゃ試すことができるのに、アメリカではドラコスは試すことができないんです;(少なくとも私がここ数年間で訪れたアメリカのどラストでは…)

おかげで、全然自分の肌の色にあわないファンデーションとか買う羽目に…!

だけど”高いものを試すことができて安いものは試すことができない”という方が、理には叶っていますよね。

4.つけまつ毛が主流

日本ではマツエクをしている人の方が多くなりましたが、

アメリカではつけまつ毛が有名ブランドから継続的に売り出されているし、街中で実際に使っている人を見ることもあります。

カナダから日本に来た友人が、”日本に来たら絶対にマツエクをやる!”と言っていました。

北米にはマツエクサロンはあるものの日本よりは需要がないために、施術料も高いしクオリティも日本よりは信用ならないところがあるようです。

白人や黒人、中東系の方々は生まれつき目が大きくてまつ毛が長い人が多いから、アジア人のように目が小さくてまつ毛が短いことを気にする人は少ないのかも。

ちなみに日本人のように、つけまつげを日常的に使用している人は(いるかもしれないけど)見たことはないです。

5.Cruelty Freeはあたりまえ

Cruelty Freeは動物実験してないよ!って意味なのですが、このマークがついていないコスメブランドはないのでは?と思うくらい一般的です。

数年前にアメリカに滞在した時は全然見なかったのですが、ベジタリアンやビーガンの文化が広まった現在はそれも当たり前になりつつあるようです。

動物由来の成分を一切使用していないビーガンコスメというものもよく目にします。

6.デパコスでも安売りしがち

日本では福袋以外でデパコスが安売りされるところを見たことがないのですが、アメリカだとよく目にします。

コスメのセレクトショップがセールをしていることもあるし、そのコスメのオンラインストアで全品30%オフ!って言っていることもあります。

どんなブランドもってわけではないのですが(さすがにシャネルやディオールはやらない)、MACやNARS、CLINIQUEあたりはよく見ます。

ミニサイズと現品サイズを詰め合わせたお得セットみたいなのもよく売っています。

日本だとそのセットが発売された日の午前中で売り切れたりして転売が横行するようなものでも、こちらでは何ヶ月も売れ残っていてびっくりします笑

7.シートマスクが主流ではない

日本や韓国ではシートマスクが一般的だと思いますが、アメリカではジェルやクリームのようなものを顔に塗って10分置いた後に洗い流すタイプのマスクが主流のようです。

シートマスクに限らず、そもそも”個包装”という概念がないのかもしれません。

8.ビューティーボックスの種類が豊富

定期的にコスメの詰め合わせが届くサブスクリプションボックスのコスメバーションは日本にもありますが、

アメリカではコスメジャンルのサブスクリプションボックスだけでも圧倒的に種類が多いです。

広いアメリカだと簡単に最新コスメが手に入るコスメショップがない場所も多いことを考えると、便利なサービスなのかもしれません。

種類が多くて値段も$10〜$50まであるので、自分が求める度合い(サンプルだけでいいよ〜なのか現品が欲しいよ〜なのか)によって選べるのもいいところです。

日常的にはメイクしない人が多い?

日常的にマスカラまでする人は少ない

さまざまな人種・バックグラウンドの人が集まるこの国で「〜な人が多い」っていうのも気がひけるのですが…

わたしの住んでいる街にはさまざまな人種の方が住んでいて、わたしも日々さまざまな肌の色の人、さまざまな国の出身の人と接します。

その方々と接していて気づいたのですが、日本人みたいに日常的にメイクをする人は少ない様子。(少なくとも私が見る限りは)

日常生活で日本人のようなレベルの(ファンデもマスカラもしているような)メイクをしている人を見ることは稀です。

じゃあいつメイクしてるの?

じゃあいつメイクをするかというと、パーティーとかフェスとかクラブに行くような特別な時だけ。と言う人がいる。

とはいえ、そんなときでさえもノーメイクな方が多いし、アメリカ出身の友人は「メイクが大好き!」と言っている割に普段はほぼノーメイクです。笑

たま〜に公共交通機関や道端でバッチリメイクアップをしている人を見ると驚いて二度見してしまうくらいです。

ちなみにバッチリメイクをしている人をみていると”プライベートでお出かけ中”みたいなことがほとんどなので、やはりメイクアップは特別な時にするのかもしれません。

確かにどんなお店に行ってもノーメイクの店員さんのほうが多いです。(もちろんコスメショップの店員さんはめちゃくちゃメイクしてるけど)

あとアジア出身の人だと意外とメイクする習慣自体なかったりもします。(そしてそういう人たちの肌はすごくキレイ…)

友人達に聞くと、普段はノーメイクでパーティーの時だけ多少する、とかナチュラルな肌に見えるBBクリームをつけてあとはアイラインだけ。という子も。

それでもメイクアップは人気

じゃあ誰もコスメなんか買わないんじゃない?と思ってしまうところですが…

セフォラ(日本で言うデパコスのセレクトショップ)にはいつも人がたくさんいるし、ドラッグストアのコスメ売り場でもオンラインショップでも売り切れているものが必ずあります。

SNSを見てもメイクアップした姿を投稿している人はたくさんいるし、コスメレビューも充実しています。

特別な時(プライベートな時間)にしっかりメイクをするタイプの人が多いけど、コスメ自体は日本のように人気みたいです

私はあまりであったことがないけど、友人曰く「毎日フルメイクアップする人もいると思うよ。マナーではなくて誰にでも自由にメイクアップの度合いの選択肢があるよ。」と言っていました。

 

日本ではメイクアップを”義務”でやっている人、外見コンプレックスのせいでメイクしないと外出できない人、誰かに似せたメイクをする人、が多いように見えますが

アメリカだと義務と感じている人は少ないようだし、何もしない見た目も素敵だけどメイクをしたらもっと素敵ね。みたいなノリでコスメを楽しんでいる人が多い気がします。

(私が知らないだけで「メイクしないと家から出られない!」っていう意識が高い人も中にはいると思います。)

そこに住む人の見た目が画一的な国である日本と比べると、見た目にもメイクアップにも寛容で自由な雰囲気があります。

メイクアップをやるもやらないも勝手だし、やってもやらなくても何も言われない…みたいな。

何回も言うけどほぼ主観です!(一応友達に聞いたりもしたけど)

***

このブログは日本語で書いているし日本にいらっしゃる皆様はそこまで興味がなかったかもですが、ここまで読んでくださりありがとうございます!

いい息抜きになりました❤️笑