韓国コスメレポはこちら💖

素敵な女性になるために、お金をかけるべき優先順位を考えてみた

服はシーズンごとに欲しくなるし、新作コスメは必ずチェックするし買いたい。
スキンケアにお金はかけるけど、旅行にも行きたい。
毎月旅行はさすがに無理だけど、ホテルビュッフェくらいならいいよね。
月1の美容デーにはヘアカラー、マツエクとネイルをする。
脱毛はあと少しで通い終わりそうだから、新しい水着を買う。
今日は仕事で疲れたから帰りにマッサージを受ける。
体力がなさすぎるから、休日はジムに通い始めた。

はい無理ィィィィィ!!!時間もだけど金が追いつきませんんんん(どうした)

この生活は、雑誌の中の着まわしコーデに出てくる人の一週間を参考に書いたので、実際にこんな生活をしている人はなかなかいないかもしれませんね。

毎日のようにイベント詰め込んでおかないと、着まわしコーデ企画が機能しなくなりますからね…

でもお金が有り余るほどあったらこのくらい余裕でやるよね❗

でも少なくとも今はそんなお金はありません。

そこでお金の使い方に優先度をつけて効率よく生きるのはどうだろうと思い、素敵な女性になるためのお金の使い方を考えてみました。

この記事の内容は個人的な妄想考察です

なんならこれを私は全く守れていませんし、価値観を押しつけるものでもないです。

本記事の内容は、わたしがわたしの頭の中を整理するために書いたものです

そして美容ガチ勢の方々からは「何ゆうとんのやこいつ(そんなん当然やろorありえん)」と思われる内容になってると思うw

いい花はいい土から

 

わかりにくいかもだけど、下に行くほど「必須ゾーン」で、上に行くほど「あればいいねゾーン」、つまり「余裕がない限りお金を使わないゾーン」に設定しています。

いい堆肥を混ぜた土からいい花が咲くイメージ。

土が適当なのにきれいな花は咲きませんっ!!!っていうイメージ。(本物の花のことはよく知らないです)

それでは下から1、2、3、、と数字を振って詳しく見ていきましょう。

1必要最低限の衣食住(家具家電)

読んで字のごとくです。

生きるために必要な分の衣服や食べ物、冷蔵庫や炊飯器、クーラーなどの家電のことです。

死んだら元も子もないので…

命の話をするのは極端かもしれませんが、例えば毎日カロリーメイトだけ食べていたら肌は荒れまくります。(知人の実話)

肌が荒れまくったら化粧とかファッションとかおでかけの楽しみも半減ですよね

2健康や元々の美しさを維持すること

健康

お金持ちは健康にめちゃくちゃお金を使うのだそうです。

確かに芸能人や経営者、資産家ほどジムに通ったり、有機野菜などのこだわりのいいものを食べるようにしている気がしませんか?

歯の矯正や整体も、お金がないと通うことはできません。(リアル)

健康でないと何をしても100パーセントの力パフォーマンスができないし、自分にも自信が持てません。

わたしは自分自身の身を以て知っています。

健康じゃないと本当に人生損します。

だから、ジムやパーソナルトレーナー、プールに通うための水着、プロテイン、栄養のある食事などにはお金をかけるべきだと思います。(お金をかけるっていうかお金を惜しまないと書いた方が正しい)

わたしが通っていた整体師さんも”今の生活で健康な水準の筋肉を保つことは無理”って言っていました。

健康のための時間や手間を惜しむのであれば、そのためにお金を払うことは悪いことではないと思います。

髪の健康

髪と肌は少しくらい荒れていても生きていくことはできるとは思いますが、どちらも自分の印象を大きく左右するのでお金をかけてでも大切に育てるべきだと思っています。

髪は面積が大きい分目立つので、リタッチしないとだらしなく見えるし、パサパサの髪は不潔な印象を与えます。いやほんとにね。

また、髪のボリュームがなくなったり白髪が増えてくると、老いも目立ちますよね。

髪を手入れすることでこれらのデメリットを払拭できるんだからやるしかねえ

具体的には美容院でメンテナンス、もしくはヘアケア商品での補修ができると思います。

髪が印象を変えるから大事よって意味では、整髪料やヘアアイロンもここに入りますね。

肌の健康

肌のきれいさは人からの印象もだけど、何より自分のメンタルに与える影響が大きい箇所だと思っています。怠りたくない。

デイリーケアはそこまでお金をかけなくてもいいかもしれませんが(安くていいものたくさんあるので)、できてしまったシミやシワをなくそうとすると、それなりに値段の張る美容液でないと効きません。

そんな意味を込めて、肌を(髪の毛も)ここに配置しました。

わたし?ゼンゼンデキテナイヨw美容院嫌いだしいろいろな肌トラブルを放置してるし…

追記

川上愛子さんやかずのすけさんの著作を読んだ今では、丁寧なスキンケア=お金をかけることではないという意見に変わりました。

値段の張る美容液だとしても、できてしまったシミやシワはなかなか治らないし、美白効果も疑わしいようです。(実際に治る・美白になるものもあるけどかなりの長期戦になるらしい)

スキンケアをちゃんとしよう!いいものを!と、とりあえずデパートに駆け込むのではなく、だからといってとりあえずドラストで一番安いクレンジングオイルを買うのでもなく、

クレンジングオイルを肌の水分を奪いすぎない油脂(ホホバオイルとかアルガンオイル)に変えたり、落としやすい質のいいミネラルコスメに投資する、というようなことに投資する、それがスキンケアのカテゴリですべきことではないかという考えになりました。

実際最近ではミネラルコスメに変えたり、クレンジングを洗浄力の優しいものに買い替えたりする人が増えましたよね。

3靴下着、仕事、根本的な肌ケア

靴のことファッションアイテムだと思っている人の方が圧倒的に多いと思うんですけど、靴って本来足を保護して歩行をサポートする道具ですよね。歩行の道具ですよ?大事!

靴は、足に合わないものやきちんと設計されていないものを履いていると外反母趾になって全身のバランスが崩れ、やがて原因不明の症状があらゆるところから噴出することがあると聞いてから慎重に選ぶようになりました。
外反母趾になると、その足ではちゃんと立てなくなって姿勢がおかしなことになるのは冷静に考えればなんとなくわかると思います。

姿勢が崩れると見た目にも悪いし、肩こりや背中の痛みが襲って来たりするから…自分もそうなってしまったうちの1人です。

だから、ちゃんと自分に合う靴、痛みがなく無理をしないで歩ける靴を、高くてもいいからずっと履き続けたいと思っています。

靴って消耗品なのに流行りすたりに合わせてコロコロ型が変わるので、毎回自分に合う靴を探すのって至難の技でダルすぎるんですよね…😭

だからセミオーダーメイドサービスとかガチなシューフィッティングサービスを使うのがいいと思うんです。(そしてそういうところは大体それなりのお値段がしますよね)

そんな思いを込めてここに靴を配置しました。健康と同じゾーンでもよかったかも…❗

セミオーダーの靴が10,000円くらいで作れる奇跡の店もある。

靴が一生合わない呪いが解けた…KiBERAで足のサイズを測ってきた

自分がすでに履いている靴をなんとか自分の足に合わせたいのならば、この本が参考になると思います。

私はこの本を読んで、ダメだ履けないと思っていたサンダル2足を蘇らせました。(と言ってもダイソーで買ったインソールの力でです)

下着

下着は洋服や肌と違って見えないところなので、本当に適当に済ませているっていう人もいると思います。
試着せずにネットで買っちゃっうのはかなり危そうです。
オールブラトップな人もいるかな?ユニクロで買える上に楽ですものね。
だけど、下着って将来の自分のボディラインに大きな影響を与えるって言いますよね。

わたしは苦しい補正下着に自分の体をねじ込むほどのガッツはありません;
だけど楽さを求めすぎて、将来胸が垂れるのは怖いと思っています。
お尻は筋肉を鍛えるのがいちばんの近道らしいので、週2でスクワットをしています)

そこでそこそこ胸をホールドしてくれるけど、苦しくはない!みたいな下着を愛用しています。
ワコールやウンナナクールで売っているブラジェニックとファンファンウィークが好きです。
もっと高い下着を使ったこともあるんだけど、これに戻ってきました。

ノンワイヤーだからフニャっとしていて締めつけないけど、走っても階段を駆け下りてもホールドしていてくれます。しかも超安い。
ブラトップをこよなく愛するしめつけ嫌いの私が唯一気に入ったブラ! 私が一気買いした、安いのにかわいくて締めつけないブラを紹介したい

あと、化学繊維の下着で知らぬうちに肌荒れしていたりするらしいので、背中が荒れやすいなって人は下着の質は気をつけた方がいいかもしれません。
…服と違って肌に長時間密着していますもんね!

オーガニックコットンのキャミは結構色々なところで手にしやすい価格で売っています。無印良品とか、都内のユニクロ、またはしまむらでも。

仕事関連のグッズ

これは人によって位置づけが違うと思います。

自分の腕がすべてである職人さんであればもっと下にあるだろうし、一時的にしている仕事ならもっと上かもしれないし、仕事にはそれぞれスタンスがあるのでこの位置に置きました。

仕事関連のグッズというと、営業職ならスーツとか靴、美容部員さんならコスメやスキンケア、美容師なら髪をカットするための道具、デザイン系ならアドビのソフトと高性能のPC…みたいに、その職業に必要な道具というイメージ。

職種に関係なく人前に出る人なら見た目には一層気を使うだろうし、座り仕事なら姿勢を崩さないためのクッションとかも仕事道具に入ると思います。

そしてよく大事だと言われているのが、自分の技術を高めるための書籍とかセミナー代などですよね。

美容皮膚科・エステ

これは一例ですが、某ブランドの5000円のコンシーラーをリピ買いしてシミやニキビ跡を消すのではなく、もうプロに頼んでレーザーとかケミカルピーリングとかで早いとこ抹殺してしまおうということです。

自然の摂理に従った結果なのに、自分の手で時間を巻き戻そうとしてもできることなんてたかが知れています。

自分の力や日々の努力でどうにもならないのであれば、医療や薬、美容の専門家の力を借りるのは全然アリだと思います。

むしろお金があるならば、ちびちびと効くかわからないような美容液を使っているより効率がいいし、長期間無駄な努力をする必要もありません。

金で買えるなら買おう、透明感!即効性!

サプリメント

サプリメントはピンキリだと思うけど、どうしても全ての栄養をバランスよく毎日摂取するって鬼のように難しいし、人間の体の中では作り出せない栄養素もたくさんあるので、サプリに頼ることも大事だと思っています。

特にサプリは手軽で安いので始めやすいですよね。

自分の悩みを整理して、その悩みにリーチするサプリメントを続けてみるのは健康の面でも美容の面でも良い対策だと思います。

美容からは少し離れるのですが、わたしは疲労が溜まった時や口内炎ができた時のたにビタミンCのサプリを薬箱に入れています。

この前口内炎ができた時に、ビタミンCを欠かさず毎日飲むようにしたら、いつもは一週間以上治らない口内炎が4日くらいで治ってびっくりしましたw

サプリメントを賢く使わないのはもったいない!と思いました。

サプリメント大国アメリカの通販、アイハーブでは多種多様なサプリメントが売られていますよ。

4必要だけど多くは要らない

アパレル系や美容師など一部の職業の方を除くと、服ってそんなにたくさん要らないですよね…❗(あれ?返事は?)

実際「服を断捨離した〜」とかいう声を良く聞きませんか?

全く人のこと言えないんですけど、何回着られるかわからないスカートを10,000円で買うのであれば、今自分の肌の上に存在するニキビを治療した方が周りの印象も自分の健康状態も良くなるのでは…?

ということで結構上の方(ぜいたくゾーン)に配置しました。

必要最低限の「衣」は一番下のベース部分に既にいますからね。

これはセールとかにわざわざ行って大量に買い足してしまうタイプの「衣」を指しています。

服ってかさばるし高いし、太ったり痩せたり時代が変わったりすると着られなくなるので、ベーシックなもの以外はコスパ悪いかも…

ここを我慢できたらいかに節約できるかわかりますよね…

わたしも感情を殺す術を覚えなきゃならない。

書いていたら服はもうワンランク上のぜいたく品に移動してもいいのではと思えてきました;

カバン・小物

ここでいう小物は、帽子とかアクセサリーとかを指します。

スタイリストの山本あきこさん曰く、おしゃれを楽しみたいならば、服はベーシックにしてカバンや小物で彩りを加えるのがおしゃれ上級者なのだそうです。

だから、服よりもカバン・小物のほうが多い状態がセンスのいい人への第一歩ということなのかな?

カバンと小物もベーシックなものが最低限あれば生きていけるし、数個の使い回しでもそこそこおしゃれに見えるので、それ以上収集するとなると「ファッション」という趣味ですね!

ちなみにわたしはアクセサリーの収集グセがあります。

でもカバンやアクセサリー収集は服の収集よりは効率いいと思ってる(だから何)

コスメ(メイクアップ用)

出たあああ(自分で書いてるけど)

コスメも収集癖がある方多いのでは…

「口は一つしかないのにねw」って言いながらリップ50本持っている人とかゴロゴロいますよね…!(笑えない)

コスメも最低限は必要だと思います。化粧しない人でもUV対策はしたいと思うし。

でも7,000円のアイシャドウを毎シーズン仕入れているようではもはや趣味ですよね。

気持ちはわかるけど。

インテリア

必要最低限の衣食住は足りていると一番下に書いてあるので、ここでいう「インテリア」は”なくてもいいけどあるとおしゃれ”な家具のことを指すことにします。

インスタグラマーの人が写真を載せているような真っ白の飾り棚的なもの、記事にこだわった絨毯とかムーディーさを出すインテリアライトとか。

簡単にいうとフランフランで買えるもののことです。”ニトリじゃなくてフランフラン”っていうと伝わりそう。

これはね、家で仕事していたり家でゆったり過ごすのが好きな人と、ワーカホリックとか「休日は数時間しか家にいない」みたいな人とで配置が異なるとは思います❗

常にお家で過ごす人にとってインテリアは大事だろうし。

実際私は今家にいる時間がかなり長いのですが、インテリアが適当に揃えたものばかりで発狂しそうです!

でも週5で会社に行って休日は外に遊びに行く〜みたいな人(そういう人の方が世の中多い印象がある)にとってはインテリアはぜいたくのゾーンに入るのではと思います。

それにインテリアに凝っていなくても死にはしないですしね…じっさいわたしも全然死んでないし。

5なくても生きられる…ネイル脱毛家電

より贅沢ゾーンに突入です。

ここでいうネイルは、セルフじゃなくて毎月8,000とか払って爪にアートを施すことを指しています。マツエクも。

家電は必要最低限のものではなく、ルンバとか空気清浄機とかそのへんの、より快適な生活を目指す高機能家電を指します。

これらは、なくても生きていけます!(見た目のコンプレックスとかあって、これがないと生きていけないっていう人は別)

なくても生きていけるし代替案があるという意味でぜいたくゾーン。

人によって意見が違うだろうし軽く聞き流して欲しいのですが、めちゃくちゃ太っていて(ぽっちゃりとかいうレベルではない)いつも「体調悪い…」と常にぼやいている女の子がいまして。

その子は毎月きちんとしたネイルをお店でやっていて、脱毛も完了していて…「順番逆じゃね!?!?!?」と思ってしまいましたとさ。ジムと健康な食生活に金を割いてあげて…。

価値観は人それぞれだから別にいいけどという気持ちもあるけど、その価値観のせいで(太っているから)面接落ちたり、大病を患ったりすることもあるわけじゃない?

でも爪に何もついていなくとも、毛が少しくらい生えていようとも、人生における多大な不利益を被ることは考えにくい。(芸能人などは除外)

冷静に考えたら、その優先度は人生を生きる上で効率悪いなって思ってしまうタイプなので…私は…

ルンバなくても掃除機があるし、ウォーターサーバーなくても水は飲めるんやで…

ルンバは多忙で広い家に住んでいる人にとってはもっと優先度が高いかもしれませんね!

(と言ったものの、脱毛だけは最後まで迷いました。部位によっては美容皮膚科と同じカテゴリでいいかもしれない)

6最高の贅沢、趣味

なかなか難しい問題だと思うけど…趣味を最後にしました。

「趣味があるから生きている」とか「趣味のために働いている」「趣味のためなら金に糸目をつけない」っていう人も多くいるからここは色々な意見があるだろうけど…

とくに”お金がかかる趣味”なイメージです。

旅行とか、テーマパークとか、アウトドアとか、スポーツとか、舞台とか、コンサートとか…

好きな人にとっては「なかったら死んじゃう…」ものだと思います、よくわかるよ。

わたしもディズニーランドに行くと大量の金が秒でなくなるし、しばらく行かないと禁断症状が出て、結局行ってしまうから;

それでも、基本的な見た目や健康をないがしろにしてまで優先にするのはちょっと怖いです。

知人が親に借金までして海外旅行に行って(正社員で働いている人です)、来月も家賃が不安だと行っていて怖いなと思ったことがあります。

わたしだって、ツヤッツヤのお肌でディズニー行って写真撮りたいし、たくさん歩ける体を保っておばあちゃんになってもパークを歩き回りたいもの。

肌とか健康とか生活をしっかりさせた上で楽しむべきことを楽しみたい。

そんな気持ちでここに位置させました。

「読書が趣味」とかならお金がかからずもっと気軽な趣味なので、ここでのニュアンスとはちょっと違うと思います❗

自分を振り返ってみて

偉そうに語ってみたんだけど、私に関しては土の色のところを全く頑張らずにびよ〜んと緑のゾーンやピンクのゾーンに飛んで行っては、た〜んと散財をしています…

一旦冷静になって、お金をかけるものをどれにするか整理および節制したいと思います。

特にスキンケアは、今まで目をそらしにそらしてきたアンチエイジングもそろそろ本腰入れたほうがよさそうです;

何度も言うけど、優先度は人それぞれなので、「私という一個人の頭の中をのぞいてみただけ」の気持ちでいてくださいね❤

ここまで私の妄想のようなものにお付き合いくださり、ありがとうございました!