韓国コスメレポはこちら💖

パーソナルカラー診断などの「自分に似合う◯◯」を知るのコスパ高いよね

こんにちは!kurake(@kurakurakurake)です。

最近、”パーソナルカラー診断”なるものがめちゃくちゃ流行っていますね!

パーソナルカラー診断とは、その人の目の色や肌の色などで”似合う色”が何かを診断するものです。

ここでは詳しいことは割愛しますが、春夏秋冬の4つのタイプで表されます。

↑色の付いた布とかを使って診断するらしい

 

ちなみにわたしは死ぬほど診断してみたいのだけど、まだ行ったことはありません…!

デパートで3,000円程度で行ってもらうつもりが、人気爆発しすぎて全く予約できず…。

ちなみにサロンなどでプロに診断してもらうと5,000円以上かかるようです。

むしろ5,000円なら安い方だと思います。

「似合う似合わないなんて気にせずに自分の好きな色をまとえばいいじゃん」と思う人もたくさんいると思うし、わたしも根本的なところではそう思っています。

ですがっ!

わたしがこの”パーソナルカラー”の影響をリアルに感じたエピソードが2つあり、似合う色を意識するって本当に大事なことなんだなあ…と思うようになったのです。

 

おしゃれな先輩の言葉

働くようになってからある年上の女性と知り合いました。

美人だからというのもあると思うけど、いつもシンプルな服を着ているのにもかかわらず、かっこよくてオシャレで圧倒的な個性がにじみ出ていたんです。

ある日勇気を出して、どこで服を買っているのかを聞いたところ、

服は全部ファストファッションだけど、自分に似合う色を意識している。と教えてくれたのです。

もしも自分が似合わないと思う服があるなら、その服でなく、その服の色が自分に似合わない色なのかも。ともいうようなことも。

こういう基準で服を選ぶ人もいるんだなあと目からウロコでした!

髪色を暗めにすると言われる言葉

わたしは昔は結構コロコロ髪色を変えていたのですが、

明るめの茶色から暗めのアッシュやオリーブにしたときの周りの反応がすこぶる良いことに気づいたのです。

正直、歳の近い女性からのお褒めの言葉は社交辞令もあるっしょ?ってかんじなのだけど、

にしても反応がすごい。

「髪色変えたんだね〜かわい〜」とか言うレベルではなく、

「え…?髪色変えた…?に、似合ってるよ!とても似合ってる!!!(感動)」

みたいに、テンションがぜんぜん違う。

 

あと職場のわたしに一切興味がなさそうな寡黙な男性(既婚)の先輩に

「え!そういう色似合いますね!絶対に暗めのが似合いますよ!!!」

と言われました。

 

2人共、ぜんぜん違う場所でぜんぜん違う時に言われたけど、どちらも結構暗めの髪色にしたときの反応でした。

まるで「本来のお前、しっくりくるお前をやっと見つけたぜ!」と言わんばかりの反応。

夫は全く人の見た目に興味がない性格なのですが、髪だけは「黒色が良いと思う」ってめっちゃ言及してくる。

 

つまり他人がぱっとみてそう思うくらい、パーソナルカラーには意味があるということです。

もちろんそれ以来ずっと暗い髪色です☆笑

確かに明るい髪色は今考えても驚くほど似合いませんでした。

来世はかわいいミルクティー色とかが似合う人に生まれてきたいです。

 

自分に似合う◯◯を知ると良いことがある

自分に似合う色は服だけでなく髪色や化粧にも応用できます。

そしてパーソナルカラー診断だけではなく、

自分の骨格から自分に似合う洋服やアクセサリーのタイプ(形)を診断するパーソナル骨格診断や、その人の顔のパーツに合わせて眉毛の形を整えるサービスなど、

自分に似合うものを探すためのサービスは他にもあります。

自分に似合うものを知っておくとこんなメリットが考えられます!

お金と時間の無駄づかいが減る

あらかじめ自分に何が似合うか知っていれば、最初からフィルタリングしながら服やコスメを選ぶことが出来るので、買い物の時にお金と時間が短縮できます。

短縮っていうふうにも言えるけど、服とか買う時に「ラク」になりますよね。

自分のタイプじゃない色はもはや見なくて良いわけなので…!

 

あと、その洋服単体で見た時は可愛かったけど、着たらイマイチ…なんてこともなくなります。

似合わない色の洋服やコスメは顔の血色を悪く見せてしまうこともあるので馬鹿にできません!

ちなみにわたしはパーソナルカラーをするまでは、色物の服やコスメは買わないと心に誓っています。笑

センスのいい人になれる

似合う色さえ分かってしまえば、身につけているものがしっくり来ている、印象の良い自分になれるということです!

しっくりくる(=垢抜けている)格好や髪色をしている人は、前述の先輩のようにすごくかっこよくセンスよく見えるものなのです…!

「こういう雰囲気の色が似合う」と自分でわかっていれば、色を手がかりにどのファッションのテイストが自分と相性が良さそうかということもわかりやすいと思います。

例えば自分が冬タイプなら、パキっとした色より少し暗めの色のほうがしっくり来るから、どうせならポップな色の服が多いカジュアルなブランドより、大人っぽいあのブランドのが似合うかも…とか。

(もちろん1つのブランドの中でも数多の色の服があるので、自分の好きなブランドの中でご自身の似合う色を見つけることも出来ると思いますが)

自分を知るの大事

ここまでの話だと女性のことに聞こえるかもしれませんが、髪色やファッションを楽しむのは男性も同じ。

どんな人でも自分を知ることで人生がぐっと豊かになりそうです♪

今回のテーマとはちょっと外れますが、いつか本格的なシューフィットにも行ってみたいなあと思っています。

もしいつかカラー診断や眉毛コンサルに行ったらブログに書きます☆

追記

カラー診断をオンラインでしてみた!

ココナラでパーソナルカラー診断を受けた!オンラインの診断てどんな感じ?