韓国コスメレポはこちら💖

カラーポップのカスタムパレットBYOPレポ!これ1つでメイク完了♪

Build Your Own Palette、略してBYOP!

いつか絶対にやるぞと意気込んでいた、カラーポップのカスタマイズパレットをついに作ることができました〜!

今回はわたしがBYOPでどんなパレットを作りたかったのか、またどんな風にパレットを作ったのかをレポートしていきます!

カラーポップって何?という方はこちらを先に読んでくださいね。

アメリカのプチプラコスメ、カラーポップのすごさをプレゼンするよ

カラポのカスタマイズパレット、BYOPとは

 

プレスドパウダー、チーク、ハイライト、シェーディング、アイシャドーを好きなように組み合わせて、自分専用のパレットを作ることができる商品です。

アイシャドウは1つからでも買えますが、BYOPのカテゴリから購入すると、

パレット選んで中に入れるアイテムを一気に全部選んで→注文

という流れになります。

パレットのサイズとパターン

パレットのサイズは大小2種類(最近増えました)、パターンは6種類。

-アイシャドウ24個→$116

-チーク2個+アイシャドウ16個→$96

-チーク3個+アイシャドウ12個→$85

-チーク6個→$38

-アイシャドウ12個→$43

-チーク2個+アイシャドウ4個→$29

※チークと表記しているものはプレスドパウダーでもチークでもハイライトでもシェーディングでも可。以降表記そのままで書きますね!

まあまあな値段するのですが、よく半額セールをしているのでその時に購入すると良いです!

追記

ここにアイシャドウ1つ5$だから1つ1つ買うよりもBYOPのカテゴリからパレットとまとめ買いした方が安い的なことを書いてしまったのだけど、一部のグリッター系だけが5$なだけであり、ほとんどは$4.5だということを今知りました…!(厳密にいうと$2だけは確かに安かった)

本当にごめんなさい…!

わたしのBYOPレポ

わたしがやりたかったこと

私は思った。

プレスドパウダー、チーク、ハイライト、シェーディング、アイシャドーの5種類のアイテムがあるのに、なぜその5種類をすべてセットできるパターンはないのか

どうせなら1つのパレットで、できる限りまでメイクを完結させたいじゃない…!

そしてその中には、

・イエベ春の自分に割と似合うオレンジ系のアイシャドウ

・手持ちにないオリーブグリーン系のアイシャドウ

・気に入っているプレスドパウダー

・やりすぎない色のチーク

・オレンジっぽいシェーディング

・無難なシンプルメイクもできるラインナップ

を入れたいと思っていたんです。具体的!

手持ちのアイテムをセットしたい!

さらにわたしはすでに持っているチークとプレスドパウダーを気に入っており、ぜひこれをパレットにセットしたいと思っていました。

じゃあ足りない分だけ購入すればいいのでは?と思うのが普通だと思いますが、

このときセール中だったのでチーク系2つの値段差し引いても、バラで購入するよりもお得だったんです。

それならアイシャドウとチークが余分に手に入るBYOPで購入したほうがいいですよね。

そんな経緯で、チーク3個+アイシャドウ12個のセットを購入しました!

BYOPキットが届いた

パレットの柄は大なら3種類から選べる

大パレットの柄は2019年5月現在で3つから選択できました。

わたしは2018年ホリデーのゆめかわホログラフィック柄を選びました。

 

かわいいいいい!

中はマグネットになっています。ここにチークやアイシャドウのパンをくっつけるという仕組み。

アイシャドウやチークはこんな風にバラバラに送られてきます。

紙の袋の中に、プラ容器で保護されたパンが入っています。

チーク系はどれをセットするかを決める


最初に書いたように、もともと持っていたパウダー、チーク、ハイライト、今回購入したチーク、ハイライトの中から4つを選ぶことにしました。

先ほど「手持ちのチークやらをセットしたいけどお得だからチーク余ってもBYOPにする」と言っていましたが、こういうことです。

一番左の列の上から3つまでは手持ちのパウダーとチークとハイライトです。

そして透明のプラケースに入っているのが今回BYOPで選んだアイテムです。

色はモニターで選んだものなので、実際届いてみないと色味や質感はわかりません

ということでこのプレストパウダー以外の5つの中から誰がパレットにinするかというオーディションを開催することにしました。

SoulMate

もともと持っていたチーク。ピンクっぽいコーラルのやさしい色合いがどんなアイメイクにも合うんですよ…!やっぱり使いやすいので合格。

Parakeet

手持ちの中で赤色のチークが少なかったので今回購入。だけど主張が強めの赤だったので、パレット作成時の条件の1つであった「無難なメイクができる」を邪魔してしまうのでは…?と思い落選。

Zip

オレンジのシェーディングにしたいと思って購入した色。見事にその役目を果たしてくれそうな色だったので合格。

Here Kitty Kitty

無難なハイライトだと思い購入したけど実際はどうかしら?と思っていた色。予想通り無色でギラギラしすぎないかつラメなしの控えめハイライトでした!合格。

Swipe Right

もともと持っていたハイライト。ただゴールドベースにピンクパールの偏光なのでちょっと派手なんですよね…ということで落選。

手持ちのケースからパウダーやチークを外す

プレスドパウダーとピンクのチークは以前1つ売りで購入した時のケースに入ったままなので、まずそのケースからパンを外す必要があります。


プレスドパウダーは、裏のステッカーを外してみると穴が見つかりました。

この穴につまようじを刺して押し込むと…(磁石なので本当に力を入れないと外れません

勢いよくパンが外れました!

厄介なことに、チークの方は穴がなかったので、強行突破。

裏側を強く押すという方法です…笑

ちなみにこれ、パンが外れる時に遠くまで吹っ飛んでいきました!!!;

場合によってはチークが割れてしまうので、この作業はマットの上とかソファの上とかでやるのがおすすめです。

こうしてチーク系のパンがセットできました!

かさばるフェイス系4つがこのパレット1つに収まったのはうれしいな〜!

パレットにセットするアイシャドウを選ぶ

以前カラーポップのミステリーバッグに入っていた1色と、今回購入した1色、合計13色の中から8色を選びます。

これも上で書いたように、セットで購入したので無理矢理入れたプレスドパウダー分(=アイシャドウ4つ分のスペース)アイシャドウが余るんですよね。

もともと持っていた1色も合わせて5色はパレットに収まらない計算。

購入時に入れない色はなんとなく決めていたけど、やっぱりモニターの色との差異があるかな?と思って入念にテニスウォッチしたりメイクしたりして決めました。

BYOPとかカラポに限らず、通販系コスメの弱点はそこですよね。色とか質感が思ってたのと同じになるかはわからない問題。

最終的にグリーン系とオレンジ系+ブラウンラメとピンクラメのアイシャドウパレットができました〜!

一応書いておくと、各アイシャドウの質感も均等な感じにできました!

今回パレットに入れなかったのはラベンダー系の2色とピンク、グリーンパール偏光のブラウン。そして…

興味本位で購入したHungry Ghost。

きらめきが強すぎて今後も持て余してしまいそう笑

ちなみに、パレットに入らなかったチーク類・アイシャドウ用には単品用ケースが購入できるので今回みたいに余っても安心!

理想のメイクパレットができたよ〜

ご覧ください、これが私の理想のメイクパレットです…!

これを作って以来、メイクが面倒な時や時間がない時はとりあえずこれを開いてこの中で済ませることができるので、重宝しています。

中のアイテムも、チーク類が固すぎて粉飛びがすごいとかいうこともないし、アイシャドウもしっとりしっかり発色で満足しています!

ちなみに、BYOPはEYESのカテゴリとは別のところにページが設置されているのでちょっと分かりづらいです…!

この記事が公開されている5月30日現在はまだBYOP半額(30%オフでしたごめんなさい)みたいなので、気になった方はぜひ私のように理想のカスタムパレットを作ってみてくださいっ!

→Colour Pop 

 

◆他のカラーポップの記事◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。